【神戸】不動産売却でよくある失敗例と対処法・売却のタイミング

【神戸】不動産売却のよくある失敗例と対処法

神戸で戸建てやマンションなど、大切な資産である不動産の売却をお考えの方も多いのではないでしょうか。不動産売却の際には大きなお金が動くので、失敗は避けたいものです。この記事では、不動産売却のよくある失敗例と対処法や、不動産売却のおすすめの時期、注意点についてご紹介します。不動産売却をお考えでしたら、ぜひチェックしてみてください。

【神戸】不動産売却のよくある失敗例と対処法とは?

不動産売却の経験がある方は少なく、相続した戸建てやマンションなどを売却する際に、失敗してしまう可能性があります。ここでは、不動産売却のよくある失敗例と対処法について解説するので、相続した不動産やマイホームの売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

【神戸】不動産売却のよくある失敗例

不動産売却の失敗例

相続した不動産やマイホームなどの売却は、多くの方が一生に一度ほどしか経験することがありません。また、不動産の売買では大きなお金が動くので、失敗した場合には、取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。不動産売却で後悔しないためにも、まずはよくある失敗例を把握しておきましょう。

◇業者選びに失敗した

土地・戸建て・マンションなどの不動産を売却する際には、仲介・買取どちらも専門の業者に査定を依頼して、売却することが一般的です。このとき、仲介の際は査定価格が高いという理由だけで業者を決めてしまうと、失敗する可能性があります。買取の場合は、査定価格で業者が買い取ってくれますが、仲介では査定価格で必ず売れるわけではありません。不動産会社によっては、仲介手数料や媒介契約欲しさに、あえて高く査定価格を提示してくる場合もあるので、相場よりも高すぎる査定価格には注意が必要です。また、買取の場合でも業務経験が浅い、対応が遅い業者に依頼してしまって、後悔してしまう可能性もあります。仲介でも買取でも、納得のいく売却ができるよう、業者選びは慎重に行いましょう。

◇相場価格よりも安く売ってしまった

不動産売却で多いのが、相場価格よりも安い価格で、戸建てやマンションを売ってしまうという失敗です。「値下げ交渉に応じてしまった」「相続や離婚で早く売りたかったが、よくよく考えたら安く買い叩かれていた」「高く売れる時期を逃した」など、様々なケースがあります。仲介でも買取でも、不動産を少しでも高く売るには、価格の設定だけではなく、期間や時期などのスケジュールも慎重に立てることが大切です。

◇査定や内覧の準備と対応が不十分だった

業者の査定や購入希望者の内覧のときには、家の印象が大きな影響を与えます。築年数が古くても、水回りをできるだけきれいにしたり、不用品を処分したりするだけでも見た目は大きく変わります。特に、内覧の前に掃除や片付けをしないと印象が悪くなるため、購入したいと思わせることができません。また、業者や購入希望者からの質問にきちんと答えられないと、印象が悪くなってしまうかもしれません。そのため、できる限り家全体をきれいにしておくこと、正しい情報を伝えることが重要といえます。

【神戸】不動産売却での失敗対処法

売却での失敗対処法

不動産売却のよくある失敗例が把握できたら、次は失敗の対処法も知っておきましょう。

◇複数の業者に査定を依頼する

仲介だけではなく買取で不動産売却する場合にも、複数の業者に査定を依頼することが大切です。査定を1社だけに依頼すると、売却したい戸建てやマンションの査定価格が、相場価格かどうかを判断することができません。また、信頼できる業者かどうかを判断するためにも、複数の業者の対応を比較してから、仲介や買取を依頼する業者を決めましょう。

◇相場を調べておく

業者が提示した価格が適正かどうかを知るためには、あらかじめ相場を調べておく必要があります。周辺地域で似たような条件の不動産がいくらで売れているのかを、事前に確認しておきましょう。

◇値下げ価格を決めておく

仲介で戸建てやマンションを売却する場合、購入希望者は必ず値下げ交渉をしてきます。売主も値下げ交渉に応じることが一般的なので、あらかじめ値下げできる価格を決めておきましょう。値下げ価格を決めておくと、購入希望者の無理な値下げに応じて、損をすることがありません。

◇査定や内覧前に掃除をする

家の第一印象を決める玄関、劣化具合がわかりやすい水回りなどは、特に念入りな掃除が欠かせません。他にも、ベランダや庭など、部屋だけではなく屋外の手入れも必要です。査定する業者や購入希望者によりよい印象を与えられるように、できる限り環境を整えましょう。また、周辺の学校や商業施設などの情報を伝えることで、実際の生活をイメージしやすくなるので、アピールポイントを書き出しておくこともおすすめです。

【神戸】不動産売却のタイミングはいつ?注意点も解説!

戸建てやマンションなどの不動産を売却するには、売却価格だけではなく、売却するタイミングも重要です。少しでも早く高く不動産を売るためには、不動産売却のおすすめのタイミングを把握しておきましょう。ここでは、不動産売却のおすすめの時期と、不動産を売却する際の注意点についてご紹介します。

【神戸】不動産売却を行うおすすめの時期

不動産売却の時期

不動産売却には、最適な時期があることをご存じですか?満足できる不動産売却を実現するためにも、おすすめの時期を知っておきましょう。

◇不動産売買が活発になる時期

神戸を含む全国では、引っ越しシーズンである春先の2~3月と、秋の9~11月に不動産売買が活発になります。これは、4月から始まる新生活や、10月の転勤や人事異動に合わせて住み替える方が多いからです。購入希望者が増える2~3月に売却するために、できるだけ早めに売却の準備を始めることが大切です。

◇築年数が15年以内

戸建ての場合、築年数が15年を過ぎると、売却価格が急激に下がるといわれています。売却のタイミングが1~2年遅れることで、売却価格が大きく下がるので、できるだけ高く売りたい場合は築年数が15年以内に売却しましょう。

◇相続した不動産は3年10カ月以内

相続した戸建てやマンションなどの不動産を売却する場合、相続開始の日の翌日から3年10カ月までに売却することで、「相続税が取得費に加算される特例」が受けられます。相続税が取得費に加算されることで、課税対象となる譲渡所得が低くなるため、譲渡所得税の負担を抑えることができます。

◇マンションは競合がいない時期

大規模なマンションでは、同じ時期に複数の部屋が売りに出されていることがよくあります。同じマンションでは広さなどの条件が似ているため、複数の部屋が売りに出されていると価格競争が起こり、売却価格が下がってしまう恐れがあります。希望の価格で売却したい場合は、競合がいないタイミングで売却しましょう。

【神戸】不動産売却の注意点

エクスクラメーションマークと人差し指

満足できる不動産売却を実現するためには、時期以外にもいくつかの注意点があります。

◇売却を焦らない

仲介で不動産を売却する場合、一般的に3~6カ月ほどかかります。時期や売却価格などの条件次第では売却までに半年以上かかることもあるので、余裕を持って売却のスケジュールを立てましょう。焦って買主を探すと、大幅な値引き交渉に応じなければならないなど、予定よりも売却価格を下げて売ることになってしまいます。

◇買取を検討する

不動産を売却する方法には、仲介以外にも買取があります。すぐにでも売却したい場合や、仲介でなかなか買主が見つからない場合は、業者に買い取ってもらう買取も検討することをおすすめします。

◇確定申告を行う

不動産売却で利益があった場合だけではなく、利益がなかった場合にも、確定申告を行いましょう。利益が出なかった不動産売却では確定申告する必要はありませんが、確定申告をすることによって、他の税金に対する特例が受けられる場合があります。

不動産買取を依頼したいという方は、ぜひ不動産買取カウンターをご活用ください。不動産買取カウンターは、売主様と買取業者をつなぐマッチングサービスです。ご納得いただける取引ができるよう、全力でサポートいたします。戸建てやマンションをできるだけ早く高く売却したいという方は、お気軽にお問い合わせください。

神戸で不動産売却をお考えなら!全国の不動産買取に対応

不動産売却は仲介でも買取でも大きな金額を取り扱うことになります。そのため、後悔しないように業者選びや下準備などをしっかり行うことが大切です。相続した不動産や現在お住まいのマイホームなどを売却したいとお考えなら、ぜひ不動産買取カウンターをご利用ください。不動産買取カウンターでは、神戸をはじめ様々なエリアを対象に、不動産買取を依頼したい売主様をサポートしております。最適な買取業者をご紹介いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

神戸で不動産売却なら不動産買取カウンターへ

サイト名 不動産買取カウンター
運営会社 株式会社PINTCULL(ピントクル)
代表取締役 大畑 清一郎
設立 2017年6月27日
住所 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目10−6
TEL 050-6865-3388
URL https://kaitori.pintcull.jp
事業内容 インターネットメディアの企画・開発

今すぐ査定
してみる!

査定物件のお客様ログイン
査定物件のお客様ログイン 買取業者様ログイン
CLOSE MENU
家のアイコン