買取マガジン

WEB MAGAZINE

WEB
MAGAZINE

不動産買取とは?仲介との違いやメリット・デメリットを解説


 
「不動産を売りたい」と考えたとき、何を優先するかは人それぞれ異なります。
 

時間をかけても希望に近い金額で売りたい人もいれば、価格は安くても良いから少しでも早く売却したい人など、さまざまでしょう。
 

そこでこの記事では、不動産売却の方法である買取と仲介を比較しながら、不動産買取が向いているケースや向いている人などについて解説していきます。
 

価格よりも早めに不動産を手放すことを重視する人は、ぜひご一読ください。
 

不動産買取とは

不動産の売却は、不動産会社にサポートしてもらいながら行います。
 

そのなかの1つの方法である不動産買取は、売却したい家を不動産会社に直接買取ってもらう方法です。
 

買取後は、不動産会社がリノベーションやリフォームを行い、自社商品として販売します。
 

売主と不動産会社間で交渉が成立すれば、すぐに買取してもらえることが特徴です。
 

買取と仲介の違い

「買取」と「仲介」では、不動産会社が担う役割に違いがあります。
 

まず買取は、前述のとおり売主が売却したい不動産を不動産会社に直接購入してもらう方法です。
 

不動産会社は、売主から買い取った不動産を一時的に保持し、付加価値をつけた後に一般の買主へ売却するまでを担います。
 

一方仲介は、売主が不動産会社を通じて一般の買主に直接家を売り出す方法です。
 

このときの不動産会社は買主を探すサポートが主な役割で、リノベーションやリフォームなど不動産の付加価値を高める施策は売主が必要に応じて負担します。
 

いつまでに、どのくらいの価格で売却したいかによって適した方法が異なるため、それぞれの希望に沿って検討していきましょう。
 

不動産買取にも2種類の方法がある

不動産会社に直接買取を依頼する不動産買取を選んだ場合には、さらに2種類の方法のうち、どちらを選ぶかを決める必要があります。
 

選ぶ方法によって売却期間や買取金額が変わるため、それぞれの特徴を知っておきましょう。
 

即時買取

即時買取は、売主と不動産会社とで行われる交渉が終わり次第、すぐに不動産会社に買取を行ってもらえる仕組みです。
 

売却までにかかる期間の目安は3日~1週間で、長くても1ヶ月以内で完了することが多いでしょう。
 

また買取価格は、市場価格と比べて1~3割ほど安い設定であることがほとんどです。
 

不動産を早めに売却して現金化したいときなどに、選ばれやすい方法です。
 

買取保証

買取保証は、仲介と不動産買取が組み合わさった仕組みです。
 

この制度を利用すると、決められた期間は一般の買主への販売活動を行え、契約が決まらなかった場合には事前に約束した金額で不動産会社に家を買い取ってもらえます。
 

一般の買主に販売活動を行う仲介期間は3ヶ月である場合が多く、その期間を過ぎると買取へと移行することがほとんどです。
 

買取価格は、仲介と不動産買取のどちらのタイミングで売却が行えたかによって変動します。
 

なお、買取保証には不動産会社との専任媒介契約などが必要で、物件によっては利用できないケースもあるため注意が必要です。
 

販売活動の期限はありながらも、できるだけ高い価格で売却したいときなどに選ばれやすい方法です。
 

不動産買取のメリット


 
ここからは、不動産買取のメリットについて見ていきましょう。
 

仲介手数料を支払わなくてよい

不動産買取の場合は、仲介手数料の支払いが発生しません。
 

これは不動産会社が売主から直接物件を購入し、リノベーションなどで付加価値をつけた不動産を販売することで利益を得られるためです。
 

一方、仲介で家の売却を行うときには、不動産会社が定める仲介手数料の支払いが必要です。
 

例えば、3,000万円の物件であれば103万6,800円、4,000万円であれば136万800円が仲介手数料の上限として設定されます。
 

これらの仲介手数料の上限は法律によって決められており、売買代金によって変動しますが、仲介での売却をするのであれば外せない費用です。
 

不動産買取であれば、こうした仲介手数料の支払いが必要ないため、メリットの1つといえるでしょう。
 

売却までの期間が短い

不動産買取では、不動産会社が物件を直接購入するため、短期間で売却が完了します。
 

一方、仲介の場合は早くて3ヶ月、物件によっては販売までに年単位の期間が必要なこともあります。
 

こうしたことからも、売却までの期間が短いことは不動産買取の魅力です。
 

早めに現金化できることはもちろん、不動産会社とのやり取りだけで済むため、売主が希望する売却スケジュールで手続きを進めていきやすいことも特徴です。
 

とくに、すでに買い替え後の住まいが決まっている人や、相続税などの納税期限が決まっている人などは、手早く手続きを終えられる買取にメリットを感じやすいでしょう。
 

内覧の必要がない

仲介の場合は、購入希望者が現れたときに家の中を見せる内覧対応が必要です。
 

現在住んでいるかどうかに関わらず、内覧希望があった場合には、対応したほうが成約率も上がりやすくなるためです。
 

しかし、人によってはこうした内覧対応が面倒に感じられる場合もあるでしょう。
 

一方、不動産買取であれば不動産会社が価格の査定に1度訪れるだけで売却が行えることがほとんどで、内覧の必要がありません。
 

そのため、内覧自体に抵抗がある人や仕事などのスケジュールで時間が取れない人などは、不動産買取を選んだほうが負担が軽減されるでしょう。
 

瑕疵担保責任が免除される

仲介の場合、売主には瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)などの義務が発生します。
 

不動産の瑕疵とは欠陥や不具合のことで、瑕疵担保責任は不動産を買主に引き渡した後の一定期間に設備の故障などが見つかった場合、売主が修復の責任を負うことを指しています。
 

一方で、不動産買取の場合はこれらの責任を不動産会社が負うため、免除されている契約がほとんどです。
 

また不動産買取の買主である不動産会社は、設備の不具合などを考慮して購入しているため、後々トラブルが発生することは少ないでしょう。
 

なお、瑕疵担保責任は2020年4月1日の改正民法によって「契約不適合責任」と呼ばれるようになりましたが、今後10年はこれまでの呼び方も使われるため覚えておくと便利です。
 

不動産買取のデメリット

次に、不動産買取のデメリットについて見ていきましょう。
 

売却価格が低くなる可能性がある

不動産買取の場合、不動産会社は買い取った家に付加価値をつけて、一般の買主に再販売します。
 

そのため、仲介と比べると不動産会社が負担するコストやリスクが大きくなります。
 

売却価格は、こうした不動産会社が負うコストやリスクが加味されて算出されるため、市場価格よりも1割~3割ほど低くなるケースが多い傾向です。
 

できるだけ高く売却したい人にとっては、デメリットになるポイントでしょう。
 

買い取ってもらえない場合もある

不動産買取は、買取した物件に付加価値をつけて再販売することが前提のため、建物の破損や使用状況の悪い室内であっても、多くの場合は買取に応じてもらえます。
 

しかし、きわめて老朽化が著しい家や建物を壊して建て替えができない不動産などは、再販売が難しいと判断されて買い取ってもらえないことがあります。
 

例えば、敷地が道路に接していなかったり、道路に接していても建築基準法で認められていない道であったりする不動産は、再建築不可と判断されるため買取が難しい物件です。
 

このように、不動産買取を依頼したとしても応じてもらえないケースがあることは覚えておきましょう。
 

不動産買取はどんな人に向いている?

次の3つの項目のいずれかに該当する人は、不動産買取を検討してみると良いでしょう。
 

すぐに不動産を現金化したい

市場価格より安くても良いから早く売りたい人は、不動産買取が向いています。
 

具体的には、すでに転勤が決まっていてすぐに家を売却したい人や、相続によって県外の不動産を手にした人などが買取を選ぶケースが多いです。
 

また、解体などを行えば売却ができる不動産でありながらも、費用の捻出が難しい人は不動産買取を検討してみると良いでしょう。
 

なお、すぐに現金化したい人は即時買取が、多少時間に余裕がある場合は買取保証がおすすめです。
 

売却活動に手間をかけたくない

仲介の場合は、一般の買主に向けておこなうPRや購入希望者への内覧対応などの売却活動が必要です。
 

とくに内覧での印象が購入を左右することも多いため、掃除はもちろん、人によってはハウスクリーニングを実施することもあります。
 

最近では、室内をモデルルームのように飾りつける「ホームステージング」などのサービスを利用する人が増えているなど、見せ方を重視する傾向は年々高まりつつあります。
 

また、なかなか購入者が現れないときには、不動産会社と相談しながら価格の見直しなどを検討することも必要です。
 

こうした多岐にわたる売却活動に手間をかけたくない人は、不動産買取が向いているでしょう。
 

周囲の人に知られずに不動産を売却したい

できるだけ周囲の人に知られずに不動産を売却したい人にも、不動産買取は向いています。
 

仲介の場合は、一般の買主に向けてさまざまなPRを行う必要があり、物件情報がポータルサイトや折り込みチラシなどに掲載されることもあります。
 

そのため、売り出し中であることが周囲に知られる可能性は高いでしょう。
 

一方不動産買取であれば、不動産会社とのやりとりだけで売却が完了するため、周囲に余計な気を使う必要はありません。
 

それぞれの事情に応じて、不動産買取を検討してみると良いでしょう。
 

不動産買取が向いている物件

次のような物件は、仲介よりも不動産買取に向いています。
 

該当する不動産の売却を検討している人は、不動産買取を検討していくと良いでしょう。
 

築年数が古い物件

築30年を超える物件の売却には、不動産買取が向いています。
 

その理由は、一般的に築年数が古くなると買い手がつきにくく、市場価値も下がるためです。
 

なかには、リノベーションなどを行って売却活動をする人もいますが、不動産買取であれば現状のまま売却できるため、売主の負担は減ります。
 

また、万が一仲介で売却できた場合でも、築30年を超えると目に見えない箇所の老朽化が進んでいるケースも多く、先ほど解説した瑕疵担保責任による売主負担も大きくなることが懸念されます。
 

こうしたリスクを軽減するためにも、築年数が古い物件は不動産買取がおすすめです。
 

なお、1981年5月以前の旧耐震基準の建物も仲介では買い手がつきにくい物件のため、不動産買取が向いているでしょう。
 

大規模なリフォームが必要な物件

床や壁、各種設備などの内装の状態が悪く、大規模なリフォームが必要な物件も不動産買取向きです。
 

仲介の場合は、こうした内装の状態の悪さはマイナスイメージにつながりやすく、売却につながらない要因となります。
 

一方、不動産買取であれば、買取後に不動産会社がリフォームなどを行うことが多いため、仲介のときよりも内装の状態の悪さが不利に働きにくいでしょう。
 

また、どうしても仲介を選びたい人がリフォームしてから売却活動を行うこともありますが、結果として不動産買取のほうが手元にお金が多く残るケースもあります。
 

内装の状態が悪い物件を売りに出したいときは、費用対効果を考慮しながら不動産買取を検討してみると良いでしょう。
 

事故やトラブルがあった物件

仲介だと買い手がつきにくいのが、事故やトラブルがあった物件です。
 

例えば、隣室で死亡事故などがあった場合には、告知義務により売主は購入者に正直に説明を行う必要があります。
 

そのため、事故やトラブルの内容によっては、買い手がなかなか集まらないことも少なくありません。
 

これらの物件は、不動産買取を検討したほうがスムーズでしょう。
 

また、不動産買取であれば売却後のトラブルなどのリスクも回避でき、売主の負担が軽減しやすいこともポイントです。
 

高く買い取ってくれる不動産会社を探すには?

不動産会社とひと口にいっても、得意分野がそれぞれ異なります。
 

また、不動産買取額も企業によって異なるため、できるだけ高く買い取ってくれる不動産会社を探すことをおすすめします。
 

ここでは、不動産会社を探すときのポイントについて見ていきましょう。
 

さまざまな不動産会社に相談する

不動産買取を行っている企業は、つながりのある不動産会社から物件を仕入れることも少なくありません。
 

そのため、より高い価格で買取してもらえる企業を見つけるためには、いくつかの不動産会社に相談することがおすすめです。
 

地域などによっては、地元の不動産会社のほうがより良い条件で買取してくれる企業を知っていることもあります。
 

いくつかの不動産会社と連絡をとっていく手間や時間は必要ですが、より高い価格での不動産買取を目指す人は検討してみると良いでしょう。
 

専門買取サービスを利用する

不動産を取り扱う企業の中には、不動産の買取を専門にしているところもあります。
 

その中でも、マンションの買取を得意としている企業や戸建ての買取が得意なところなど、それぞれの売却したい物件に適した業者が存在します。
 

そのため、物件に応じた専門買取サービスを利用してみるのも良い方法でしょう。
 

また、インターネット上で不動産買取業者の比較ができるサービスを利用すれば、複数の不動産会社を個別に回る手間を省くこともできます。
 

売却したい土地が遠方にある人や早急に現金化したい人は、ぜひ活用してみましょう。
 

不動産買取カウンターなら、条件に合った業者がきっと見つかる


 
不動産買取を依頼するのであれば、より条件に合った不動産会社を選びたいものです。
 

しかし、不動産会社を一目見て、マンションの買取が得意なのかそれとも戸建てが得意なのかを判断することは容易ではありません。
 

そのため、どの不動産会社に不動産買取を依頼するのか迷ってしまい、なかなか売却までのスタートを切れないという人もいるでしょう。
 

そんな人におすすめしたいのが「不動産買取カウンター」です。
 

不動産買取カウンターは、数ある買取業者の中から条件に適した企業を選ぶマッチングサービスです。
 

関西を中心に、マンションや戸建てなどさまざまな不動産買取を得意とする企業が数多く登録しているサービスで、より売主の希望条件に適したマッチングが行えます。
 

インターネット上でサービスを受けることができるなど、売主側の負担が少ないことも魅力です。
 

さらに、不動産買取カウンターでは売主の代理人として同社が窓口となり不動産会社選びをサポートするため、複数の企業と直接交渉する手間もありません。
 

複数社と直接交渉した場合、売却をやめたいときや契約がほかで決まったときなどは断りの連絡を入れる必要がありますが、不動産買取カウンターであれば同社に伝えるだけで手続きが完了します。
 

また、買取業者の種別や得意な地域、予算など独自のフィルタリングシステムによって、より好条件の買取業者と出会えることも選ばれている理由です。
 

売主側の仲介手数料は0円で、報酬は買取業者からのみ得るシステムを採用しており、不動産買取カウンターは不動産買取のプロとして、売主側の目線で買取業者と向き合えるような仕組みになっています。
 

不動産買取を検討している人や不動産会社選びに迷っている人は、ぜひ不動産買取カウンターを利用してみてはいかがでしょうか。
 

まとめ

不動産の売却方法には買取と仲介があり、すぐに売却を終えたい人や早めに現金化したい人には、不動産買取がおすすめです。
 

不動産会社によっても得意な買取分野は異なるため、条件に合った買取業者を選ぶことが、高値での不動産買取を叶える条件の1つでしょう。
 

不動産買取カウンターなどのサービスを利用して、ぜひ希望に沿った不動産買取を実現してくださいね。

今すぐ査定
してみる!

査定物件のお客様ログイン
査定物件のお客様ログイン 買取業者様ログイン
CLOSE MENU
家のアイコン