買取マガジン

WEB MAGAZINE

WEB
MAGAZINE
2021年04月07日

「マンションデベロッパー」とは? ~大手「メジャーセブン」編~

「デベロッパー」って何をする会社?

「デベロッパー」という言葉を耳にしたことがあっても、「イマイチ意味がよくわからない」「ゼネコンとどう違うの?」という方も多いかもしれません。
「デベロッパー」とは土地・建物を扱う不動産業の中で、企画・開発事業をメインに行う企業を指します。用地を取得し、その土地で街の再開発やリゾート・商業施設の開発、マンション・大規模住宅の開発などを行います。
「ゼネコン」という言葉も聞いたことがあると思いますが、「デベロッパー」が不動産の開発業者である「企画側」に位置するのに対し、「ゼネコン」は実際の工事をすべて請け負う「工事着工側」の専門業者、だと考えると、その違いがわかりやすいかもしれませんね。

 
 

マンションデベロッパーの「メジャーセブン」って何?

開発には先述の通り、大きく分けて街・リゾート・商業施設・マンション・大規模住宅の5種類あります。今回はその中で、「マンションデベロッパー」を取り上げたいと思います。
マンションの購入を考えたことがある方は、「メジャーセブン」という言葉を見聞きしたことがあるのではないでしょうか。これは、新築分譲マンションの大きなシェアを占める大デベロッパー7社が連携し、新築マンションの販売情報などを提供しているポータルサイト(https://www.major7.net/)のことを指します。構成しているのは、住友不動産株式会社・株式会社大京・東急不動産株式会社・東京建物株式会社・野村不動産株式会社・三井不動産レジデンシャル株式会社・三菱地所レジデンス株式会社。これらの7社だけで全国に供給されている新築分譲マンションの約3分の1を占めるとされています。
メジャーセブンの7社はいずれも、東証一部上場企業(もしくは東証一部上場のグループ企業)です。知名度の高さから安心や信頼感に繋がり、販売価格は総じて高めではあっても、資産価値を重視する方によく選ばれているようです。
 
 

メジャーセブンを構成する7社

  • 住友不動産株式会社

新築マンションで主流とされる「完成前の完売」にこだわらず、完成後も販売を継続する独自の販売スタイルを持っています。都市型集合住宅「シティハウス」をはじめ、同社最高峰ブランド「グランドヒルズ」やタワーマンションシリーズ「シティタワー」など多岐にわたって展開しています。

 

  • 株式会社大京

ライオンズマンションは、1968年に第1号が誕生して以来全国へと広がり、不動産経済研究所のデータによると、全国累計供給戸数は最多の約34万戸。初めてオートロックを採用するなど、マンション業界をリードしてきました。「家族の物語の舞台」として、マンションにできることを追求しています。

 

  • 東急不動産株式会社

鉄道系、東急グループの不動産会社で、東京圏を中心に都市型物件が高い比率を占めています。東急沿線の駅近の希少な立地の分譲マンションも充実。「人生を極める住まい」をテーマとしたブランド「ブランズ」の展開で知られています。アジアでの介達分譲にも積極的に取り組んでいます。
 

  • 東京建物株式会社

創業120余年。7社中最も歴史ある財閥系の不動産会社です。「シンプルで上質、確かさを備えた都市の洗練」と「健やかで快適、安全の上に成り立つ、住んでからの安心」を機軸コンセプトとするブランド「ブリリア」が有名。高層マンション「ブリリアタワー」、大規模マンション「ブリリアシティ」も派生。

 

  • 野村不動産株式会社

用地取得から販売・管理まで“製・販・管一貫体制”による商品開発が特徴で、顧客満足度の高さでも知られています。2002年に誕生した主力ブランド「プラウド」は知名度抜群。大規模マンションの「プラウドシティ」、高層マンションの「プラウドタワー」、郊外型の比較的廉価なシリーズ「オハナ」も展開。

 

  • 三井不動産レジデンシャル株式会社

総合不動産デベロッパー最大手、三井不動産グループの不動産会社で、東京五輪選手村跡地のマンション群の開発もけん引しています。スタンダードかつ有名な「パークホームズ」を主力とし、同社の最上位ブランド「パークマンション」は都心の一等地に立地し、数年に1棟しか建たない希少性の高いマンションです。
 

  • 三菱地所レジデンス株式会社

2011年、三菱地所・三菱地所リアルエステートサービス・藤和不動産が統合し「三菱地所レジデンス」に。都心で展開する「ザ・パークハウス グラン」をはじめ、コンパクトマンション「ザ・パークハウス アーバンス」、郊外型ファミリー向けマンション「ザ・パークハウス オイコス」など幅広く展開しています。
 
 

大手だけあって、「そのマンションブランド、聞いたことがある!」と思った方も多いのではないでしょうか。「マンションデベロッパー」は当然ながらこの7社だけではありません。次回は「関西」にクローズアップ! マンションに求める条件の優先順位を決めて、どこが一番合っているのか、じっくり考えてみてはいかがでしょう。
 

 

不動産買取カウンターの思い

数多くの買取相談を受けるうち、売主様にとっても買取業者様にとってもより良いサービスがご提供できるのではと思い、「不動産買取カウンター」を立ち上げました。
従来からある煩わしい習慣をとことん取り払い、売主様にも買主様にも以下の点をお約束致します。

 

売り主様へのお約束

  • とことん高値を追求します
  • どこよりも早い現金化をお約束します
  • 買手への最適な見せ方をお伝えします
  • 売り主様が知らなかったアピールポイントを見つけます
  • 大手から中小企業まで、結果報告します
  • なぜ無料なのか、詳しく説明いたします
  • ご相談、ご要望に向き合います
  • 最適な相談相手になります

買取業者様へのお約束

  • ご成約まで、費用はいただきません
  • 特別扱いはありません
  • 再販売委託はいただきません
  • 仲介手数料以外の費用はかかりません
  • ご指定条件の物件情報をすべてお届けします
  • 物件情報をどこよりも詳しくお伝えします
  • ご相談、ご要望に向き合います
  • 最適な相談相手になります

よくある質問

  • Q

    不動産買取カウンターを利用するメリットは何ですか?

    A

    不動産会社自らが所有する物件を売る時をお考えください。
    分譲マンションの売却なら一般ユーザー、痛みが激しい場合はリフォームを得意とする買取業者、商業ビルなら地元の賃貸業を行う不動産会社や大家さん、敷地の大きな土地や戸建てなら建売販売業者やデベロッパー、商業向けなら開発業者など、どこに情報提供すればよいかを知っています。不動産買取カウンターのメリットは、そのような知識や経験を売主様が共有していただけることです。

  • Q

    一般的な不動産会社に相談するのと何が違いますか?

    A

    買取業は不動産会社にとって、とても大きな収入源です。
    そのため、大手不動産会社に相談しても実際の多くはその担当者と仲が良い買取業者にしか情報提供されません。(買取業者と仲介会社の関係)したがってより高い買取は難しいでしょう。地域の不動産会社の場合も同じようにそこのブレーン内で完結されますので、高値期待は難しいです。本当は、高く売るすべを営業マンは知っていますが、どうしても利益を追求しなければならないため、高値買取が難しくなっています。その点、不動産買取カウンターなら依頼状況をマイページで確認できますので、忖度なく安心して取引できます。

  • Q

    査定を依頼すると電話やメールはたくさんきますか?

    A

    査定価格をご提示いただく不動産会社様から売主様へ直接ご連絡が入ることはございません。
    連絡窓口は『不動産買取カウンター』を運営する株式会社PINTCULL(ピントクル)のみですので、一度にたくさんの不動産会社とやり取りをする必要がございません。じっくりとご相談ください。

  • Q

    マッチングサイトとは具体的に何ですか?

    A

    PINTCULLが売主様に代わり、最適な不動産買取業者様を発見し、ご提案するサービスです。
    従来の査定サービスと異なり、プロ目線で不動産会社を選別致しますので、最適な買主を発見することができます。

  • Q

    一度に何社まで査定依頼できますか?

    A

    条件に合致する不動産会社すべてに査定依頼を行いますので、エリアと種別により異なります。
    査定をご依頼いただきましたら、何社に依頼したかを確認いただくことができます。

一覧を見る
       

不動産買取のご依頼なら!

不動産買取を依頼する業者をお探しでしたら、不動産買取カウンターをご利用ください。不動産買取カウンターは、売主様と買取業者をつなぐマッチングサービスです。よりよい条件で買取を行う最適な業者をご提案いたします。一括査定前に詳しいご希望や状況についてお伺いいたしますので、「相続した古い一戸建てを売りたい」「急な転勤のため早く家を売りたい」「事故物件でも売却できるの?」など、どのような内容でもお気軽にご相談いただけます。

最適な買取業者を探す不動産買取カウンター

サイト名 不動産買取カウンター
運営会社 株式会社PINTCULL(ピントクル)
設立 2017年6月27日
住所 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目10−6
TEL 050-6865-3388
URL https://kaitori.pintcull.jp
事業内容 インターネットメディアの企画・開発

地域

今すぐ査定
してみる!

査定物件のお客様ログイン
査定物件のお客様ログイン 買取業者様ログイン
CLOSE MENU
家のアイコン