買取マガジン

WEB MAGAZINE

WEB
MAGAZINE
2022年03月04日

国交省、カーボンニュートラル達成された国土像示す

 国土交通省は3日、新たな国土形成計画の策定に向け、国土審議会計画部会(部会長:増田?也東京大学公共政策大学院客員教授)の6回目の会合を開催した。
 同計画は、「ローカルの視点」(地域生活圏のイメージ等)、「グローバルの視点」(産業や大都市の国際的競争力等)、「共通の視点」(交通ネットワーク、防災・減災・国土強靱化等)のほか、「達成された社会の国土像」(デジタルによる補完・補強、カーボンニュートラルの実現等)に分類してまとめていく方針。今回は、このうちカーボンニュートラルの実現、交通ネットワーク(地域間、国際間)について検討した。
 カーボンニュートラルの実現に向けては、2050年時点のカーボンニュートラルが達成された国土像として、(1)再生可能エネルギーの適切な立地・設置、(2)再生可能エネルギーの安定的・自立的な供給、(3)脱炭素型の産業の適切な立地、(4)国際競争力のある環境関連産業の創出・成長、(5)建築物、まち・地域の徹底した省エネ型、(6)脱炭素型の交通・物流のシステムや基盤の整備を掲げた。それらを実現するための方向性を示した。
 再生可能エネルギーの立地や設置については、インフラ空間から民間施設等までを積極的に活用するとともに地域における合意形成を図り、適正に環境に配慮して地域と共生する再生可能エネルギーの円滑な導入を進める。公的賃貸住宅、官庁施設、道路、都市公園、空港、港湾等のインフラ空間や公有地、所有者不明土地を活用した太陽光発電の導入を拡大するほか、新築戸建住宅の6割に太陽光発電設備を設置するとした。
 また、住宅・建築物の徹底的な省エネ化を進めるとともに、スマートシティ化など、脱炭素化に配慮したまちづくり・地域づくりを推進。住宅・建築物の省エネルギー化については、省エネルギー基準適合義務の対象外である住宅および小規模建築物の省エネルギー基準への適合を25年度までに義務化するとともに、30年度以降新築される住宅・建築物について、ZEH・ZEB基準の水準の省エネルギー性能の確保を目指し、整合的な誘導基準・住宅トップランナー基準の引き上げや、省エネルギー基準の段階的な水準の引き上げを遅くとも30年度までに実施する。
 委員からは「経済価値の可視化がないと実現は難しい」「太陽光発電の設置の際には環境や景観への配慮も重要」「まちづくりにおいてデジタル化の動きは必須だが、その際電力の使用制限などでブレーキがかからないようにデータセンターの分散、寒冷地への移設等も進めるべき」などの意見があった。
 交通ネットワークについては、地域間の円滑な交通の確保への対応に向けて、地域の活性化や交流の促進に必要な陸海空の国内交通ネットワークの整備・高度化、物流DXを通じた業務の効率化と担い手の確保を推進。海外とのゲートウェイ機能の強化への対応として、国際交通ネットワークの競争力を強化するため、空港・港湾の機能強化を進め、アクセス網の充実等によるモード間の連携等を図っていく。委員からは「公共交通と地域交通をシームレスにつなぐ仕組みが必要だ」などの意見が挙がった。
 また、今回の議論についての総合的な意見として「政府や他の省庁の計画等を踏まえ、それらを横割りで論じたらおもしろいのではないか。国土形成計画ならではの全体ビジョンが必要」「太陽発電の設置シミュレーションや道路の計測などで3D都市モデルの活用が有効。今は限られた都市だけが3Dモデル化しているので全国対応することを目標に入れてほしい」などがあった。
 次回は3月23日に開催し、防災・減災・国土強靱化について検討する。

よくある質問

  • Q

    不動産買取カウンターを利用するメリットは何ですか?

    A

    不動産会社自らが所有する物件を売る時をお考えください。
    分譲マンションの売却なら一般ユーザー、痛みが激しい場合はリフォームを得意とする買取業者、商業ビルなら地元の賃貸業を行う不動産会社や大家さん、敷地の大きな土地や戸建てなら建売販売業者やデベロッパー、商業向けなら開発業者など、どこに情報提供すればよいかを知っています。不動産買取カウンターのメリットは、そのような知識や経験を売主様が共有していただけることです。

  • Q

    一般的な不動産会社に相談するのと何が違いますか?

    A

    買取業は不動産会社にとって、とても大きな収入源です。
    そのため、大手不動産会社に相談しても実際の多くはその担当者と仲が良い買取業者にしか情報提供されません。(買取業者と仲介会社の関係)したがってより高い買取は難しいでしょう。地域の不動産会社の場合も同じようにそこのブレーン内で完結されますので、高値期待は難しいです。本当は、高く売るすべを営業マンは知っていますが、どうしても利益を追求しなければならないため、高値買取が難しくなっています。その点、不動産買取カウンターなら依頼状況をマイページで確認できますので、忖度なく安心して取引できます。

  • Q

    査定を依頼すると電話やメールはたくさんきますか?

    A

    査定価格をご提示いただく不動産会社様から売主様へ直接ご連絡が入ることはございません。
    連絡窓口は『不動産買取カウンター』を運営する株式会社PINTCULL(ピントクル)のみですので、一度にたくさんの不動産会社とやり取りをする必要がございません。じっくりとご相談ください。

  • Q

    マッチングサイトとは具体的に何ですか?

    A

    PINTCULLが売主様に代わり、最適な不動産買取業者様を発見し、ご提案するサービスです。
    従来の査定サービスと異なり、プロ目線で不動産会社を選別致しますので、最適な買主を発見することができます。

  • Q

    一度に何社まで査定依頼できますか?

    A

    条件に合致する不動産会社すべてに査定依頼を行いますので、エリアと種別により異なります。
    査定をご依頼いただきましたら、何社に依頼したかを確認いただくことができます。

一覧を見る
       

不動産買取のご依頼なら!

不動産買取を依頼する業者をお探しでしたら、不動産買取カウンターをご利用ください。不動産買取カウンターは、売主様と買取業者をつなぐマッチングサービスです。よりよい条件で買取を行う最適な業者をご提案いたします。一括査定前に詳しいご希望や状況についてお伺いいたしますので、「相続した古い一戸建てを売りたい」「急な転勤のため早く家を売りたい」「事故物件でも売却できるの?」など、どのような内容でもお気軽にご相談いただけます。

最適な買取業者を探す不動産買取カウンター

サイト名 不動産買取カウンター
運営会社 株式会社PINTCULL(ピントクル)
代表取締役 大畑 清一郎
設立 2017年6月27日
住所 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目10−6
TEL 050-6865-3388
URL https://kaitori.pintcull.jp
事業内容 インターネットメディアの企画・開発

地域

今すぐ査定
してみる!

査定物件のお客様ログイン
査定物件のお客様ログイン 買取業者様ログイン
CLOSE MENU
家のアイコン