買取マガジン

WEB MAGAZINE

WEB
MAGAZINE
2022年09月09日

「九段会館テラス」、10月1日に開業/東急不他

 東急不動産(株)と鹿島建設(株)は8日、両社で開発を進めてきた複合ビル「九段会館テラス(KUDAN-KAIKAN TERRACE)」(東京都千代田区)を10月1日に開業すると発表。報道陣に公開した。
 登録有形文化財である旧九段会館を一部保存・復原しながら、17階建ての新築オフィスビルと融合させるプロジェクト。東京メトロ半蔵門線・東西線、都営新宿線「九段下」駅徒歩1分に立地。敷地面積約8,765平方メートル、延床面積約6万8,036平方メートル、鉄骨造(CFT造)・鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造地上17階地下3階建て。7月29日に竣工した。土地は70年の定期借地権。
 築約90年の旧九段会館部分(鉄骨鉄筋コンクリート造地上5階地下1階建て)は、特徴的な帝冠様式が最も残る建物北側と東側部分をL字状に保存。保存部分は、従前延床面積約1万4,000平方メートルの約5割に相当しており、戦前の絵葉書や写真など創建当時の資料をもとに、できるだけ創建時の姿を復原した。免震レトロフィット工法を採用し、保存部地下1階すべての柱に免震装置を設置したほか、中性化により劣化したコンクリートの補修対策も実施。大きな特徴の一つである外壁のスクラッチタイルは一つひとつ落下防止対策を講じ、安全性を保ちながら再現している。
 保存棟には、東急不動産の会員制シェアオフィス「ビジネスエアポート九段下」(地下1〜1階の一部)や、意匠を維持・復原した2つの宴会場を含む「コンファレンス&バンケット」(2〜3階)、旧九段会館の雰囲気を生かしながら大規模オフィスと同等のセキュリティシステムなどを導入した約20〜80坪の小規模オフィス・ラウンジ「Classic Office& Classic Lounge」(2〜4階)を備える。屋上には、ワーカー専用のルーフトップガーデン等の屋上庭園も設けた。
 新築ビルの2〜17階は、IoTを活用したデータ連携基盤等の最新鋭の設備を備える1フロア約750坪のオフィスフロア。地下1階にオフィスワーカーの健康をサポートする内科や歯科などが入居するクリニックモール用意した。地下1階・地上1階に保存棟とつながる「ビジネスエアポート九段下」を開設し、地下1階のワーカー用のラウンジに「九段食堂 KUDAN-SHOKUDO for the Public Good」を併設。ランチタイムには一般にも開放する職域食堂として活用する。
 施設正面玄関前には、緑豊かな広場である「九段ひろば」を、広場からつながる西側の皇居外苑北の丸公園のお濠沿いには、景観を楽しみながら飲食や散歩できる「お濠沿いテラス」を設置。さらに南側には千代田区と共に遊歩道「九段こみち」を整備し、周辺エリアの回遊性向上に寄与する連続する歩行者空間を創出した。
 また、国内オフィスビルへの導入は初となるスマートガラス「View Smart Glass」を採用した。建物屋上に設置したセンサーとAIにより、太陽の位置や天候に合わせてガラスの透過率を4段階で自動調整し、室内に差し込む自然光・熱量を最適化。空調や照明によるエネルギー消費量を削減し、一般的な低放射ガラスと比べ、電力消費量を最大20%程度削減することが可能となる。遮光等で視界を塞ぐ必要がないことから、皇居外苑の緑を望むことができる玄関ホールから続くエントランス空間および地下1階に導入した。なお現在、オフィスフロアは9割、Classic Officeは5割が成約済。皇居外苑の緑豊かな景観や、歴史を感じるクラシカルな雰囲気が評価されているという。
 8日の記者発表会であいさつした東急不動産取締役常務執行役員都市事業ユニット長の榎戸明子氏は、「2019年の着工後、コロナ禍により事業環境の変化に対応することが求められた。開発事業者として“来る意味のあるオフィス”、“来たくなるオフィス”をつくるため、健康を意識した職域食堂やクリニックモールなどを導入。歴史的価値の高い建物を保存・復原するとともに、ワーカーが安心して健康的に働けるオフィスを実現した。今後は、90年という歴史の重みを受け止め、しっかりと運営していきたい」などと抱負を述べた。

 

よくある質問

  • Q

    不動産買取カウンターを利用するメリットは何ですか?

    A

    不動産会社自らが所有する物件を売る時をお考えください。
    分譲マンションの売却なら一般ユーザー、痛みが激しい場合はリフォームを得意とする買取業者、商業ビルなら地元の賃貸業を行う不動産会社や大家さん、敷地の大きな土地や戸建てなら建売販売業者やデベロッパー、商業向けなら開発業者など、どこに情報提供すればよいかを知っています。不動産買取カウンターのメリットは、そのような知識や経験を売主様が共有していただけることです。

  • Q

    一般的な不動産会社に相談するのと何が違いますか?

    A

    買取業は不動産会社にとって、とても大きな収入源です。
    そのため、大手不動産会社に相談しても実際の多くはその担当者と仲が良い買取業者にしか情報提供されません。(買取業者と仲介会社の関係)したがってより高い買取は難しいでしょう。地域の不動産会社の場合も同じようにそこのブレーン内で完結されますので、高値期待は難しいです。本当は、高く売るすべを営業マンは知っていますが、どうしても利益を追求しなければならないため、高値買取が難しくなっています。その点、不動産買取カウンターなら依頼状況をマイページで確認できますので、忖度なく安心して取引できます。

  • Q

    査定を依頼すると電話やメールはたくさんきますか?

    A

    査定価格をご提示いただく不動産会社様から売主様へ直接ご連絡が入ることはございません。
    連絡窓口は『不動産買取カウンター』を運営する株式会社PINTCULL(ピントクル)のみですので、一度にたくさんの不動産会社とやり取りをする必要がございません。じっくりとご相談ください。

  • Q

    マッチングサイトとは具体的に何ですか?

    A

    PINTCULLが売主様に代わり、最適な不動産買取業者様を発見し、ご提案するサービスです。
    従来の査定サービスと異なり、プロ目線で不動産会社を選別致しますので、最適な買主を発見することができます。

  • Q

    一度に何社まで査定依頼できますか?

    A

    条件に合致する不動産会社すべてに査定依頼を行いますので、エリアと種別により異なります。
    査定をご依頼いただきましたら、何社に依頼したかを確認いただくことができます。

一覧を見る
       

不動産買取のご依頼なら!

不動産買取を依頼する業者をお探しでしたら、不動産買取カウンターをご利用ください。不動産買取カウンターは、売主様と買取業者をつなぐマッチングサービスです。よりよい条件で買取を行う最適な業者をご提案いたします。一括査定前に詳しいご希望や状況についてお伺いいたしますので、「相続した古い一戸建てを売りたい」「急な転勤のため早く家を売りたい」「事故物件でも売却できるの?」など、どのような内容でもお気軽にご相談いただけます。

最適な買取業者を探す不動産買取カウンター

サイト名 不動産買取カウンター
運営会社 株式会社PINTCULL(ピントクル)
設立 2017年6月27日
住所 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目10−6
TEL 050-6865-3388
URL https://kaitori.pintcull.jp
事業内容 インターネットメディアの企画・開発

地域

今すぐ査定
してみる!

査定物件のお客様ログイン
査定物件のお客様ログイン 買取業者様ログイン
CLOSE MENU
家のアイコン