買取マガジン

WEB MAGAZINE

WEB
MAGAZINE
2022年10月24日

全宅連、空き家流通・利活用推進へ研究会

 (公社)全国宅地建物取引業協会連合会の不動産総合研究所は、「空き家・空き地等の流通と利活用を推進するための政策研究会」(座長:中川雅之日本大学経済学部教授)を発足。20日、初会合を開いた。
 同協会では、空き家・空き地問題の解決を重要な課題と位置付け、都道府県宅建協会と自治体との空き家協定等の推進や国への政策提言を行なってきた。しかし、協定に基づく取り組みや空き家バンクの実績等は地域による温度差が大きいこと、地方部の空き家空き地は低廉な物件が多く宅建業者が関与しづらいといった理由から、空き家・空き地の利活用が進まないという問題があった。 そこで研究会では、「工夫や適切な支援があれば市場流通が期待できる」空き家空き地の流通・利活用に向け、空き家・空き地を活用した地域コミュニティやまちづくり、移住や二拠点居住、住宅弱者向け住居としての活用などの方策の検討、空き家空き地利活用に向けたさらなる公的支援や政策の在り方を議論していく。全宅連総研が「空き家空き地」をテーマに研究会を設置するのは初めて。
 研究会は中川座長のほか、全宅連総研所長の吉村岩雄氏((公社)奈良県宅地建物取引業協会会長)、全宅連政策推進委員長の泉 藤博氏((公社)滋賀県宅地建物取引業協会会長)、学識経験者、弁護士など6人で構成。国土交通省の不動産建設経済局不動産業課と土地政策課、住宅局住宅総合整備課と住宅・経済法制課もオブザーバーとして参加する。
 会合の冒頭挨拶した吉村所長は「空き家空き地問題については、全宅連でも重要な課題として長らく取り組んできた。しかし、まだまだ課題は山積しており、さらなる政策の推進と、われわれ業界の努力が必要だと痛感している。研究会での議論を有意義なものとしたい」と語った。 中川座長も「空き家空き地については、全宅連さんも行政も地方公共団体も大きな問題と捉えている。空き家特措法は一定の成果があがってはいるものの、人口減少による空き家の増加には追い付いていない。全宅連さんはじめ民間企業ができること、行政が環境を整えていくべきことを議論する場として本研究会を設けてくれたことは意義が大きい。民間側が取り組むべきテーマについて、この研究会が中核となってとりまとめていくことが、わが国の空き家問題解決に大きな貢献となると考えている」などと抱負を述べた。
 今回の会合では、空き家・空き地の現況や国・地方自治体の政策と、全国で空き家・空き地問題に取り組む事業者や不動産業界団体へのヒアリング結果について情報を共有した。ヒアリング結果とその後の委員同士の意見交換では「空き家に関する情報は集まりやすくなっているが、相談はされるものの問題解決まで至らないケースが多い」「市場性の低い物件については参画の動機が薄く、採算性確保は課題」「防火規定などを無視したDIYが増えている」「地方自治体のマンパワーが足りないため、空き家空き地情報へのアクセスが難しい」などの課題が挙げられた。
 同研究会は、年度中にあと3回をめどに開催。議論を基に空き家空き地の利活用に向けた提言等をまとめる予定。

よくある質問

  • Q

    不動産買取カウンターを利用するメリットは何ですか?

    A

    不動産会社自らが所有する物件を売る時をお考えください。
    分譲マンションの売却なら一般ユーザー、痛みが激しい場合はリフォームを得意とする買取業者、商業ビルなら地元の賃貸業を行う不動産会社や大家さん、敷地の大きな土地や戸建てなら建売販売業者やデベロッパー、商業向けなら開発業者など、どこに情報提供すればよいかを知っています。不動産買取カウンターのメリットは、そのような知識や経験を売主様が共有していただけることです。

  • Q

    一般的な不動産会社に相談するのと何が違いますか?

    A

    買取業は不動産会社にとって、とても大きな収入源です。
    そのため、大手不動産会社に相談しても実際の多くはその担当者と仲が良い買取業者にしか情報提供されません。(買取業者と仲介会社の関係)したがってより高い買取は難しいでしょう。地域の不動産会社の場合も同じようにそこのブレーン内で完結されますので、高値期待は難しいです。本当は、高く売るすべを営業マンは知っていますが、どうしても利益を追求しなければならないため、高値買取が難しくなっています。その点、不動産買取カウンターなら依頼状況をマイページで確認できますので、忖度なく安心して取引できます。

  • Q

    査定を依頼すると電話やメールはたくさんきますか?

    A

    査定価格をご提示いただく不動産会社様から売主様へ直接ご連絡が入ることはございません。
    連絡窓口は『不動産買取カウンター』を運営する株式会社PINTCULL(ピントクル)のみですので、一度にたくさんの不動産会社とやり取りをする必要がございません。じっくりとご相談ください。

  • Q

    マッチングサイトとは具体的に何ですか?

    A

    PINTCULLが売主様に代わり、最適な不動産買取業者様を発見し、ご提案するサービスです。
    従来の査定サービスと異なり、プロ目線で不動産会社を選別致しますので、最適な買主を発見することができます。

  • Q

    一度に何社まで査定依頼できますか?

    A

    条件に合致する不動産会社すべてに査定依頼を行いますので、エリアと種別により異なります。
    査定をご依頼いただきましたら、何社に依頼したかを確認いただくことができます。

一覧を見る
       

不動産買取のご依頼なら!

不動産買取を依頼する業者をお探しでしたら、不動産買取カウンターをご利用ください。不動産買取カウンターは、売主様と買取業者をつなぐマッチングサービスです。よりよい条件で買取を行う最適な業者をご提案いたします。一括査定前に詳しいご希望や状況についてお伺いいたしますので、「相続した古い一戸建てを売りたい」「急な転勤のため早く家を売りたい」「事故物件でも売却できるの?」など、どのような内容でもお気軽にご相談いただけます。

最適な買取業者を探す不動産買取カウンター

サイト名 不動産買取カウンター
運営会社 株式会社PINTCULL(ピントクル)
設立 2017年6月27日
住所 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目10−6
TEL 050-6865-3388
URL https://kaitori.pintcull.jp
事業内容 インターネットメディアの企画・開発

地域

今すぐ査定
してみる!

査定物件のお客様ログイン
査定物件のお客様ログイン 買取業者様ログイン
CLOSE MENU
家のアイコン