買取マガジン

WEB MAGAZINE

WEB
MAGAZINE
2022年11月25日

空き家対策、業界団体や事業者の取組事例を共有

 国土交通省は22日、社会資本整備審議会住宅宅地分科会の「空き家対策小委員会」(委員長:中川雅之日本大学経済学部教授)の2回目の会合を開いた。
 空き家の発生抑制や利活用、適切な管理・除却に向けた取り組みの強化等、空き家政策のあり方を検討している。今回は、地方公共団体、不動産関係団体、民間事業者、NPO法人から空き家対策に関する取り組みについてヒアリングした。
 前橋市は、「特定空家等以外の空家等の所有者への助言・指導」「所有者不明な空家等に係る緊急応急措置」といった特措法に規定されていない内容を条例に規定。独自に管理不全の空き家等の対策を実施している。建築住宅課に「前橋市空家利活用センター」を設定し、担当職員によって住民からの空き家相談も受け付けている。
 (公社)全国宅地建物取引業協会連合会は、空き家を取り扱う会員事業者に向け、管理マニュアルの策定。全国で空き家ビジネスを実践する各事業者の事例報告、次世代の空き家ビジネスモデルの情報発信等、会員の空き家ビジネスに係るツールや情報提供を展開している。また、空き家対策に関して全国の宅建協会が811自治体とで協定を結び、相談会の開催、空き家相談員の派遣等を行なっている。(公社)全日本不動産協会は、群馬県本部が展開する各自治体の空き家相談会への相談員の派遣状況やその実績等について説明。他団体と連携することで、開催回数や場所の増加を図っている。
 これまで全国の31エリアで、地域内の複数の空き家を宿泊施設や飲食店等として活用し、まち全体をホテルとして機能させる事業等を手掛ける(株)NOTEは、プロジェクトごとに複数の空き家を集約してマネジメントする地域まちづくり会社を設立することがポイントになるとした。まちづくり会社が物件の開発を担うことで、買い主・借り主のリスクが軽減され、経済循環が生まれているという。
 NPO法人ふるさと福井サポートセンターは、主催する空き家の所有者と購入希望者のマッチングツアーにおいて、所有者が売りに出す決断ができるよう丁寧にアドバイスすること、空き家のある集落(町内会レベル)に向けて随時情報を提供すること、移住希望者へ田舎暮らし方等に問題がないかどうかヒアリングを行なうことなどがポイントになるとした。マッチングの成功事例が増えると、集落が自主的に空き家ゼロに向けて活動を行なうようになるほか、所有者も早期に手放す決断ができるようになる。
 また、各団体から空き家に関する事業・活動を通じて見えた課題解消に向けて、「空き家所有者情報の外部提供ガイドラインの考え方を基本としつつ、住宅等ストック流通の担い手である宅地建物取引事業者に対して、一定のルールのもと固定資産税を基にした所有者情報を開示できる仕組みの構築が必要」「既存物件の利活用促進に向けては、リフォーム工事の消費税非課税措置等が求められる」「相続人不存在の空き家が増加していることから、相続財産管理人制度を義務化してはどうか」等の要望が発表された。
 中川委員長は「空き家問題は深刻化する前の“川上”から対応していかなくてはいけない。利活用等にあたっては、対象とするモノ、中心となるヒトを明確にする必要がある。全体をコーディネートする人が重要になるが、行政だけが担う必要はない」などと統括した。次回は、12月22日に開催。とりまとめの方向性ついて検討する予定。

よくある質問

  • Q

    不動産買取カウンターを利用するメリットは何ですか?

    A

    不動産会社自らが所有する物件を売る時をお考えください。
    分譲マンションの売却なら一般ユーザー、痛みが激しい場合はリフォームを得意とする買取業者、商業ビルなら地元の賃貸業を行う不動産会社や大家さん、敷地の大きな土地や戸建てなら建売販売業者やデベロッパー、商業向けなら開発業者など、どこに情報提供すればよいかを知っています。不動産買取カウンターのメリットは、そのような知識や経験を売主様が共有していただけることです。

  • Q

    一般的な不動産会社に相談するのと何が違いますか?

    A

    買取業は不動産会社にとって、とても大きな収入源です。
    そのため、大手不動産会社に相談しても実際の多くはその担当者と仲が良い買取業者にしか情報提供されません。(買取業者と仲介会社の関係)したがってより高い買取は難しいでしょう。地域の不動産会社の場合も同じようにそこのブレーン内で完結されますので、高値期待は難しいです。本当は、高く売るすべを営業マンは知っていますが、どうしても利益を追求しなければならないため、高値買取が難しくなっています。その点、不動産買取カウンターなら依頼状況をマイページで確認できますので、忖度なく安心して取引できます。

  • Q

    査定を依頼すると電話やメールはたくさんきますか?

    A

    査定価格をご提示いただく不動産会社様から売主様へ直接ご連絡が入ることはございません。
    連絡窓口は『不動産買取カウンター』を運営する株式会社PINTCULL(ピントクル)のみですので、一度にたくさんの不動産会社とやり取りをする必要がございません。じっくりとご相談ください。

  • Q

    マッチングサイトとは具体的に何ですか?

    A

    PINTCULLが売主様に代わり、最適な不動産買取業者様を発見し、ご提案するサービスです。
    従来の査定サービスと異なり、プロ目線で不動産会社を選別致しますので、最適な買主を発見することができます。

  • Q

    一度に何社まで査定依頼できますか?

    A

    条件に合致する不動産会社すべてに査定依頼を行いますので、エリアと種別により異なります。
    査定をご依頼いただきましたら、何社に依頼したかを確認いただくことができます。

一覧を見る
       

不動産買取のご依頼なら!

不動産買取を依頼する業者をお探しでしたら、不動産買取カウンターをご利用ください。不動産買取カウンターは、売主様と買取業者をつなぐマッチングサービスです。よりよい条件で買取を行う最適な業者をご提案いたします。一括査定前に詳しいご希望や状況についてお伺いいたしますので、「相続した古い一戸建てを売りたい」「急な転勤のため早く家を売りたい」「事故物件でも売却できるの?」など、どのような内容でもお気軽にご相談いただけます。

最適な買取業者を探す不動産買取カウンター

サイト名 不動産買取カウンター
運営会社 株式会社PINTCULL(ピントクル)
設立 2017年6月27日
住所 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目10−6
TEL 050-6865-3388
URL https://kaitori.pintcull.jp
事業内容 インターネットメディアの企画・開発

地域

今すぐ査定
してみる!

査定物件のお客様ログイン
査定物件のお客様ログイン 買取業者様ログイン
CLOSE MENU
家のアイコン