買取マガジン

WEB MAGAZINE

WEB
MAGAZINE
2021年04月06日

「不動産仲介会社」とは?

「不動産仲介会社」って何をしてくれるの?

住まいを売りたい・買いたい、貸したい・借りたいという時は不動産屋さんに相談するのが一般的でしょう。

「不動産会社」と言っても、実は「管理会社」と「仲介会社」があります。「管理会社」は賃貸物件の入居後の管理が主な仕事となり、買いたい、借りたい方と大家さん(売主様)の間を取り持ってくれるのが「仲介会社」です。

そう聞くと、「じゃあ直接管理会社とやりとりすれば仲介会社は必要ではないのでは?」「仲介手数料も払わずに済むし!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、不動産の売買や賃貸には、「売主と買主」「貸主と借主」それぞれに、複雑で難解な法的手続や契約が生じます。

ただ不動産取引を仲介するだけでなく、これら契約に必要な書類を作成したり、物件探しや顧客探し、物件の確認・調査を担ったりしてくれるのが「不動産仲介会社」であり、管理会社はそれら業務を得意としていません。

そして「買う・借りるため」「売る・貸すため」のサポートに対する報酬が「仲介手数料」となります。

不動産仲介の場には「宅地建物取引士(宅建士)」の有資格者が必要であることからも、やはり宅地建物取引業の免許を持った不動産のプロ「不動産仲介会社」に頼むのが賢明だと言えるでしょう。

 
 

「仲介会社」はどう選べばいいの?

不動産を選ぶときには、物件よりも不動産会社選びが重要だ、と言う人もいます。

しかし、不動産会社は多数ありどこを選ぶかは悩みどころでしょう。

しかも、同じ物件がいくつかの不動産会社から出ている場合もあります。「仲介手数料の安さ」に惑わされず、サービスや信頼性、実績などからしっかり選ぶことが重要です。

また、大手不動産会社は、全国に支店があるため遠方への引っ越しなどの場合も多店舗と連携して取引してもらえるというメリットがあります。

一方、地域密着型の不動産会社は、地元のことを熟知し、周辺情報などに詳しいなどのメリットがあります。

仲介会社側が売りたい・貸したい物件を押し付けるのではなく、きちんと話や希望に親身に耳を傾け、「より良い条件」を一緒になって探り当て、納得のいく提案をしてくれる会社を選ぶのがいいでしょう。

参考までに、大手不動産会社について紹介しておきましょう。
 
 

【売買仲介】

  • 三井不動産リアルティ

「三井不動産」系で、「三井のリハウス」のブランドで売り出しています。

ここ30年近く、仲介件数はずっとトップクラスをキープしています。

売却保証サービスや住まいクリーンアップサービスなどがあります。

 

  • 住友不動産販売

「住友不動産」系で、「住友の仲介STEP」というブランドで売り出しています。

特に関西圏での集客力が高く、ここ10年、仲介件数がぐんぐん伸びています。

問い合わせからアフターフォローまで営業担当者が一貫してサポート。

 

  • 東急リバブル

「東急不動産HD」系で、 東急電鉄沿線をメインとしている不動産会社で、最近は関西圏にも販路を拡大しています。分譲マンションや収益物件の開発も行っています。営業担当者の宅建有資格者率が高く専門的なサポートが特徴。

 

  • 野村不動産アーバンネット

野村證券をルーツにもつ「野村不動産HD」系で、「野村の仲介+」というブランドで売り出しおり、不動産ポータルサイト「ノムコム」の運営もしています。

野村不動産グループ開発のマンション「プラウド」シリーズも有名です。

 

  • センチュリー21

1971年にアメリカで誕生した世界最大級の不動産流通ネットワークで日本では1983年に設立。

日本全国でフランチャイズ展開され、店舗数は970店舗以上と、不動産会社の中でも圧倒的な多さを誇ります。

 

  • 三井住友トラスト不動産

三井住友信託銀行グループの不動産仲介業者で、不動産の仲介だけでなく、銀行のノウハウとグループ会社のネットワークを活かした売却・ローンサポート、物件の資産運用、相続・遺言相談なども行っています。

 

  • 三菱UFJ不動産販売

「三菱UFJファイナンシャルグループ」の不動産会社で、関東・関西・中部に店舗を有します。

引っ越しや損害保険などの取り扱いや、売却希望物件の検査・補修・修理などのサービスも行っています。

 

  • みずほ不動産販売

「みずほフィナンシャルグループ」で、営業経験歴の長いベテラン担当者が多数在籍しています。

みずほフィナンシャルグループ各社との連携で資金計画や相続、資産の組み換えなどの相談にも応じてもらえます。

 
 

【賃貸仲介】

  • 大東建託

長期一括借上サブリース最大手の賃貸仲介会社。「いい部屋ネット」のブランド名で展開。

 

  • ミニミニ

家具家電付き物件貸し出しが特徴。「スーパー君」「エース君」といった独自の入居システムを展開。

 

  • 東建コーポレーション

自社工場・自社生産によるモノづくりと徹底した品質のこだわりでアパート・マンション経営をサポート。

 

  • ハウスメイトグループ

賃貸管理業務、仲介業務、メンテナンス・リフォーム業務を柱に、グループで総合的にプロデュース。

 

  • スターツコーポレーション

総合不動産ショップ「ピタットハウス」は全国で658店展開。業界初の不動産オークションも導入。

 

 

新型コロナウイルス感染症の関係で、対面営業が中心だった不動産仲介業界は対応にも変化が出てきています。

制限や試行錯誤のある中でも、誠意をもって対応してくれる自分にあった仲介業者をぜひ見つけてください。
 

 

よくある質問

  • Q

    不動産買取カウンターを利用するメリットは何ですか?

    A

    不動産会社自らが所有する物件を売る時をお考えください。
    分譲マンションの売却なら一般ユーザー、痛みが激しい場合はリフォームを得意とする買取業者、商業ビルなら地元の賃貸業を行う不動産会社や大家さん、敷地の大きな土地や戸建てなら建売販売業者やデベロッパー、商業向けなら開発業者など、どこに情報提供すればよいかを知っています。不動産買取カウンターのメリットは、そのような知識や経験を売主様が共有していただけることです。

  • Q

    一般的な不動産会社に相談するのと何が違いますか?

    A

    買取業は不動産会社にとって、とても大きな収入源です。
    そのため、大手不動産会社に相談しても実際の多くはその担当者と仲が良い買取業者にしか情報提供されません。(買取業者と仲介会社の関係)したがってより高い買取は難しいでしょう。地域の不動産会社の場合も同じようにそこのブレーン内で完結されますので、高値期待は難しいです。本当は、高く売るすべを営業マンは知っていますが、どうしても利益を追求しなければならないため、高値買取が難しくなっています。その点、不動産買取カウンターなら依頼状況をマイページで確認できますので、忖度なく安心して取引できます。

  • Q

    査定を依頼すると電話やメールはたくさんきますか?

    A

    査定価格をご提示いただく不動産会社様から売主様へ直接ご連絡が入ることはございません。
    連絡窓口は『不動産買取カウンター』を運営する株式会社PINTCULL(ピントクル)のみですので、一度にたくさんの不動産会社とやり取りをする必要がございません。じっくりとご相談ください。

  • Q

    マッチングサイトとは具体的に何ですか?

    A

    PINTCULLが売主様に代わり、最適な不動産買取業者様を発見し、ご提案するサービスです。
    従来の査定サービスと異なり、プロ目線で不動産会社を選別致しますので、最適な買主を発見することができます。

  • Q

    一度に何社まで査定依頼できますか?

    A

    条件に合致する不動産会社すべてに査定依頼を行いますので、エリアと種別により異なります。
    査定をご依頼いただきましたら、何社に依頼したかを確認いただくことができます。

一覧を見る
       

不動産買取のご依頼なら!

不動産買取を依頼する業者をお探しでしたら、不動産買取カウンターをご利用ください。不動産買取カウンターは、売主様と買取業者をつなぐマッチングサービスです。よりよい条件で買取を行う最適な業者をご提案いたします。一括査定前に詳しいご希望や状況についてお伺いいたしますので、「相続した古い一戸建てを売りたい」「急な転勤のため早く家を売りたい」「事故物件でも売却できるの?」など、どのような内容でもお気軽にご相談いただけます。

最適な買取業者を探す不動産買取カウンター

サイト名 不動産買取カウンター
運営会社 株式会社PINTCULL(ピントクル)
設立 2017年6月27日
住所 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目10−6
TEL 050-6865-3388
URL https://kaitori.pintcull.jp
事業内容 インターネットメディアの企画・開発

地域

今すぐ査定
してみる!

査定物件のお客様ログイン
査定物件のお客様ログイン 買取業者様ログイン
CLOSE MENU
家のアイコン