買取マガジン

WEB MAGAZINE

WEB
MAGAZINE
2021年12月27日

2050年見据え、「デジタル前提に国土再構築を」

 国土交通省は15日、国土審議会計画推進部会国土の長期展望専門委員会(委員長:増田寛也氏=東京大学公共政策大学院客員教授)での、2050年を見据えた今後の国土づくりの方向性に関する検討の最終とりまとめを公表した。
 推計を大幅に下回る出生数や新型コロナウイルス感染症の拡大、風水害を中心とした自然災害の激甚化・頻発化、デジタル革命の急速な進展、50年カーボンニュートラルの宣言などの課題認識の中で、人口減少下でも安心して暮らし続けられる「デジタルを前提とした国土の再構築」を大きなテーマに据えた。
 国土づくりの目標を「『真の豊かさ』を実感できる国土」とし、その目標を実現するための視点として(1)ローカルの視点、(2)グローバルの視点、(3)ネットワークの視点の3つの視点から求められる国や社会の方向性を示した。
 (1)については、「多彩な地域生活圏の形成」と題して、人の行動範囲に着目。遠隔医療やテレワークなど、デジタル技術を活用することで、人口減少下では国等による支援が必要になるものの、10万人前後の人口規模でも圏域の維持が可能であるなどとした。
 (2)では、「『稼ぐ力』の維持・向上」をうたい、大学等を核としたイノベーション創出とそのための人材確保、地域発のグローバル産業育成といった産業基盤の構造転換が必要だと指摘している。また、成長率が低迷している東京等の大都市についてはデジタル化を徹底し、知識集約型産業を集積することで再生を図れるとした。
 (3)に関しては、「情報・交通や人と土地・自然・社会とのつながり」をテーマに情報通信や交通ネットワークの充実、地域住民自らによる国土の適正管理の推進、防災・減災・国土強靭化による安全安心な国土の実現、50年のカーボンニュートラル実現に向けた国土構造の構築、個人の価値観を尊重しつつ共感し合える共生社会の構築などが必要だとする。
 今後については、具体の施策につながるような実行性のある新たな国土計画の検討を速やかに開始すべきだとまとめた。

不動産買取の依頼をお考えなら!

不動産買取を依頼する業者をお探しでしたら、不動産買取カウンターをご利用ください。不動産買取カウンターは、売主様と買取業者をつなぐマッチングサービスです。よりよい条件で買取を行う最適な業者をご提案いたします。一括査定前に詳しいご希望や状況についてお伺いいたしますので、「相続した古い一戸建てを売りたい」「急な転勤のため早く家を売りたい」「事故物件でも売却できるの?」など、どのような内容でもお気軽にご相談いただけます。

不動産買取で最適な買取業者を探す不動産買取カウンター

サイト名 不動産買取カウンター
運営会社 株式会社PINTCULL(ピントクル)
代表取締役 大畑 清一郎
設立 2017年6月27日
住所 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目10−6
TEL 050-6865-3388
URL https://kaitori.pintcull.jp
事業内容 インターネットメディアの企画・開発

今すぐ査定
してみる!

査定物件のお客様ログイン
査定物件のお客様ログイン 買取業者様ログイン
CLOSE MENU
家のアイコン