買取マガジン

WEB MAGAZINE

WEB
MAGAZINE
2022年04月01日

港区の家売却・買取

港区の家買取なら
不動産買取カウンターが高く売れます! ピントクル 一郎

港区の
家の買取なら
不動産買取カウンターに
おまかせください

港区の
家買取なら
不動産買取カウンターに
おまかせください

港区にお住まいの方で、家が古くなって買い替えたい、ずっと放置している空き家を手放したいなど、所有している家にお悩みがある方は少なくないのではないでしょうか。駅近や、周辺に医療施設や商業施設が充実しているなど、生活に便利で市場に出しても買い手がすぐにつくような立地の家なら問題ないですが、そうでない場合はすぐに手放すことのできる買取を視野に入れてはいかがでしょうか。 港区で家買取をお考えの方には、不動産買取カウンターが相談窓口となり、選りすぐった買取業者をご紹介します。

港区の家買取

今すぐ査定してみる!

どんな家が買取に向いているのか
どんな場合が家の買取
向いてるの?
●売却を急いでいる

遠方や海外への転勤、離婚や相続など、家の売却を急いでいる方や、早く現金化したい方は買取が向いています。通常、一般的な仲介で売却する場合は買い手探しからスタートするため商談までに数か月かかったり、商談も買い手のペースに合わせないといけない場合がありますが、買取では数日から1ヶ月という短期間で、不動産会社に買い取ってもらえますので、時間がない方にはおすすめです。


●内覧が煩わしい

仲介の場合は、購入を検討している方が家の内覧に来ます。その度に、スケジュールを合わせたり、家を片付けたり、綺麗に見えるようプチリフォームしたりと何かと手間がかかります。また、小さなお子様のいるご家庭は、お昼寝の時間に重なってしまったり、コロナ禍においては、人との接触を避けたいという人も少なくないのではないでしょうか。買取の場合は不動産業者が一度査定するだけで済むため、内覧の煩わしさがありません。


●遠方の家を相続した

相続で家を譲り受けた場合、その家を持ち続けていると定期的な手入れや確認が必要ですが、遠方の場合は後回しになりがちです。そのため売却を検討する方も多いかと思います。ただ実際に売却するとしても、手続等手間がかかりそうだ・・・と放置してしまうこともあるのではないでしょうか。仲介で売却を考える場合は、購入される方が現れた場合は、現地に赴いて説明をする必要がありますが、買取の場合は不動産会社が動いてくれますので、遠方の物件でも手間が省けます。



●空き家を放置している

相続で親の家を引き継ぐこともあるでしょう。しかし、住む予定もなく築30年〜 40年の実家を相続しても、貸すには古く、借り手がつかず、そのまま放置してしまう・・・という事例は多く見られます。そしてその間に、庭の雑草は伸び放題になり、近隣住民に迷惑がかかったなんてトラブルも。また実家の持ち主である限り、毎年の固定資産税がかかりますし、維持管理にも費用がかかります。維持管理費として代表的なものがこちら。

  • ・固定資産税
  • ・都市計画税
  • ・火災保険
  • ・火災保険
  • ・光熱費
  • ・修繕費
  • ・畳などの張替え費用
  • ・庭木などの管理費用

一般的に築年数が20年を超えると、建物の価値がなくなるといわれています。そのため売却する際には、解体が必要になってきます。解体をするにも費用や手間がかかるため、更地にして売り出すのも一苦労です。不動産会社による買取であれば、解体等の手間は不動産会社が行ってくれるため、売却が楽になります。築20年を超えており、これ以上の損をしないためにも早めに買取に出すことを考えましょう。

●片付いていない家

相続などで、片付いていない家の処理にお困りの方もいるでしょう。遺品整理や片付けをしたいけれど、ご自身の仕事や家庭のことがあるなかで、スケジュールをつくって片付けをするのは大変です。距離の問題や肉体的にしんどいなど、理由はさまざまあると思います。不動産会社による買取であれば、残地物を残した状況のままでも買い取ってもらえます。

●既存不適格物件

既存不適格物件とは、建築当時は法律的に問題がなかったものの、建築基準法の改正により現在の基準に合わなくなってしまった建築物のことを指します。既存不適合の物件は仲介による売却が難しいです。なぜなら、購入者が建て替えや増改築を検討する際に、制限が生じる可能性があります。そのため、将来の事を考えると、購入者が敬遠する傾向があります。 また場合によっては、そもそも建て替えや、建築確認を必要とする規模の修繕を行うことができず、その家の持つ担保価値が低くなり、購入を希望する人がローン審査に通らなくなる可能性もあります。

●狭小住宅

狭小住宅とは15坪(50㎡)以下の土地に建てられた住宅のことです。地価が高い都心部で多く見られます。駐車場スペースも無く、使い勝手が悪くて重要が低いです。建ぺい率や容積率が低い住居地域では、建物面積を広く確保することが難しくて、有効に活用することができません。

●広すぎる土地

広い土地も売れにくい場合があります。新築を建てるために土地を探している人は、30〜50坪くらいの土地を探すことが多いですが、それより広いとなると価格が高くなる一方で土地が余ってしまうためです。



このように、仲介では売れない場合が買取に向いているといえます。なぜなら、居住用物件としての需要がなくても、買取業者によって、価値を付け直すことで売れるようにすることができるからです。

家の買取価格はどうやって決まるの?
家の買取価格は
どうやって決まるの?
1
築年数

家の買取価格の中で一番重要なのが、建物の築年数です。どんなに立地がよく、面積が広くても、建物の価値は年々下がります。実際、築年数が20年を超えると、敷地部分にしか価値がなくなってしまいます。

2
立地条件・周辺環境

家の立地の地価も買取価格に大きく関わります。港区の中でも、駅から近いのか、駅から遠くてもバス便があるのか。周辺に医療施設や商業施設が充実しているか、人気のエリアか、なども影響します。

3
土地の形

買取業者は、買い取った家の建物部分を取り壊して、一旦、更地にすることが多いです。そのため、土地の形は重視されます。長方形や正方形といった形が整った土地は幅広い用途で利用できますが、旗竿地や三角地といった土地は利用しづらく買取価格が下がる傾向にあります。

4
時点修正

過去に、実際に近隣で取引された事例と今回売る時期との市場相場により、時点修正を行います。不動産市場で、事例取引時より価格が上がっているか下がっているか、その割合を判断します。このほか、眺望の良さなど、それぞれの物件の特性によって加味される要素もあり、最終的な査定金額が算出されます。

今すぐ査定してみる!

不動産買取カウンターなら
港区の不動産会社と
マッチング!

港区の家買取なら不動産買取カウンターがおすすめです。何故なら、売主様のエージェント(代理人)となり、数多くの買取業者の中から、最も好条件で買取ってくれる業者を探す、マッチングサービスを行うからです。従来のように、同時にたくさんの買取業者から見積もり結果を聞いたり、同じ話を何度もしたり、大切な時間を割いて対応をする必要はありません。

不動産買取カウンターの
特徴

あなたと一緒に最適な買取業者を探すシステム『不動産買取カウンター』。
経験豊富な営業マンと共に『プロ目線の不動産会社選び』をぜひご体験ください。

POINT01

「窓口」がひとつ

不動産会社によってもマンションや戸建て、家、アパートに一棟収益ビル、
資産運用か転売かなど、得意不得意はさまざま。
一般の方にとって、最適な不動産会社を選ぶことは容易ではありません。
そこで、不動産買取カウンターが相談窓口となり選りすぐった買取業者をご紹介します。
なぜその不動産会社がおすすめなのか、他とはどう違うのかなどをプロ目線でにご説明致します。

一般的な一括見積りサイトの場合
不動産買取カウンターの場合
POINT02

「最適」を探します

買取業者の得意地域、種別、予算などの情報を含んだ独自のデータベースを作成しています。
それらのデータを有効に活用し、より高値追求したマッチングが可能になりました。

一般的な不動産売却一括査定サイトの場合
不動産買取カウンターならフィルタリングして業者を選別
POINT03

費用は仲介手数料のみ

かかる費用は仲介手数料のみ。諸経費をとことん抑えたシステムです。
残置物の撤去費用や建物の解体費用などはすべて買取業者が負担致します。
各買取業者の得意分野に合わせてマッチングすることができます。

仲介手数料のほか残置物撤去費や解体費がかかる
不動産買取カウンターなら仲介手数料のみ

カンタン査定はこちら

不動産買取カウンター
ご利用方法

経験豊富な営業マンと共に『プロ目線の不動産会社選び』をぜひご体験ください。

1.フォームより物件情報を入力

売却したい不動産情報を入力します。ご利用はすべて無料です。

2.ヒアリング

不動産買取カウンターがお電話もしくはメールにて、詳しいご希望や状況についてお伺いいたします。

3.買取業者に一括査定

複数の買取会社が入札競争。査定結果を不動産買取カウンターが取りまとめます。

4.一括査定結果を報告・交渉

お客様の情報を元に、条件の合った買取業者を一枚のシートにまとめ、お客様にご提案いたします。査定額、コメントなどから売却交渉を進める買取会社をお選びください。

5.契約前の打合わせ

契約前に細かな条件調整を行います。折り合わない場合には、STEP.03からやり直す事も可能です。

6.売買契約

買取業者との条件交渉がまとまれば売買契約です。

港区の
家買取なら、
不動産買取カウンターに
お任せください。

あなたと一緒に港区の最適な不動産会社を探すシステム『不動産買取カウンター』。
経験豊富な営業マンと共に『プロ目線の不動産屋さん選び』をぜひご体験ください。
不動産買取カウンターなら東京都港区の家を高く売れます。

よくある質問

  • Q

    不動産買取カウンターを利用するメリットは何ですか?

    A

    不動産会社自らが所有する物件を売る時をお考えください。
    分譲マンションの売却なら一般ユーザー、痛みが激しい場合はリフォームを得意とする買取業者、商業ビルなら地元の賃貸業を行う不動産会社や大家さん、敷地の大きな土地や戸建てなら建売販売業者やデベロッパー、商業向けなら開発業者など、どこに情報提供すればよいかを知っています。不動産買取カウンターのメリットは、そのような知識や経験を売主様が共有していただけることです。

  • Q

    一般的な不動産会社に相談するのと何が違いますか?

    A

    買取業は不動産会社にとって、とても大きな収入源です。
    そのため、大手不動産会社に相談しても実際の多くはその担当者と仲が良い買取業者にしか情報提供されません。(買取業者と仲介会社の関係)したがってより高い買取は難しいでしょう。地域の不動産会社の場合も同じようにそこのブレーン内で完結されますので、高値期待は難しいです。本当は、高く売るすべを営業マンは知っていますが、どうしても利益を追求しなければならないため、高値買取が難しくなっています。その点、不動産買取カウンターなら依頼状況をマイページで確認できますので、忖度なく安心して取引できます。

  • Q

    査定を依頼すると電話やメールはたくさんきますか?

    A

    査定価格をご提示いただく不動産会社様から売主様へ直接ご連絡が入ることはございません。
    連絡窓口は『不動産買取カウンター』を運営する株式会社PINTCULL(ピントクル)のみですので、一度にたくさんの不動産会社とやり取りをする必要がございません。じっくりとご相談ください。

  • Q

    マッチングサイトとは具体的に何ですか?

    A

    PINTCULLが売主様に代わり、最適な不動産買取業者様を発見し、ご提案するサービスです。
    従来の査定サービスと異なり、プロ目線で不動産会社を選別致しますので、最適な買主を発見することができます。

  • Q

    一度に何社まで査定依頼できますか?

    A

    条件に合致する不動産会社すべてに査定依頼を行いますので、エリアと種別により異なります。
    査定をご依頼いただきましたら、何社に依頼したかを確認いただくことができます。

一覧を見る
       

不動産買取のご依頼なら!

不動産買取を依頼する業者をお探しでしたら、不動産買取カウンターをご利用ください。不動産買取カウンターは、売主様と買取業者をつなぐマッチングサービスです。よりよい条件で買取を行う最適な業者をご提案いたします。一括査定前に詳しいご希望や状況についてお伺いいたしますので、「相続した古い一戸建てを売りたい」「急な転勤のため早く家を売りたい」「事故物件でも売却できるの?」など、どのような内容でもお気軽にご相談いただけます。

最適な買取業者を探す不動産買取カウンター

サイト名 不動産買取カウンター
運営会社 株式会社PINTCULL(ピントクル)
設立 2017年6月27日
住所 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目10−6
TEL 050-6865-3388
URL https://kaitori.pintcull.jp
事業内容 インターネットメディアの企画・開発

地域

今すぐ査定
してみる!

査定物件のお客様ログイン
査定物件のお客様ログイン 買取業者様ログイン
CLOSE MENU
家のアイコン