買取マガジン

WEB MAGAZINE

WEB
MAGAZINE

地場景況感、首都圏・近畿圏の売買が2期連続上昇

 不動産情報サービスのアットホーム(株)は18日、「地場の不動産仲介業における景況感調査」(2022年7〜9月期)の結果を発表した。今回で35回目。
 北海道、宮城県、首都圏(1都3県、東京は23区と都下)、静岡県、愛知県、近畿圏(2府1県)、広島県、福岡県の13都道府県14エリアにおいて、前年同期と比較した業況判断指数(DI)を算出した(「50」が前年並み)。同社加盟店のうち、都道府県知事免許を持ち5年を超えて不動産仲介業に携わる不動産店の経営者層が対象。調査期間は22年9月15〜26日。有効回答数は1,988店。分析はアットホームラボ(株)。
 当期の賃貸仲介の業況DIは、首都圏が43.5(前期比2.8ポイント低下)と4期ぶりに低下した。前年同期との比較では4.6ポイント上昇している。近畿圏は39.1(同2.5ポイント低下)で、2期ぶりの低下だが、前年同期比では1.8ポイントの上昇。全国14エリア中11エリアで前期のDIを下回った。上昇したのは北海道と静岡県で、神奈川県が横ばいだった。首都圏では埼玉県、千葉県、東京都下で5ポイント超の低下となるなど、減少幅が大きかった。近畿圏は3府県いずれもDIが40を割り込んだ。 不動産店からのコメントを分析すると、「コロナ」「高齢者・外国人・生活保護」といったキーワードが浮かび上がった。具体的には、「コロナが日常化し、人事異動を含めた人の動きが出てきた」(さいたま市)、「退去が少ないため新規募集も少なかった。コロナによる収入減が影響している」(神奈川県藤沢市)、「自宅を売却して賃貸に住み替える高齢者が目立った」(埼玉県草加市)、「外国人や生活保護・年金生活の方からの問い合わせが増えた」(東京都江戸川区)といったコメントが聞かれた。
 売買仲介の業況DIは、首都圏が45.9(同0.6ポイント上昇)、近畿圏が43.7(同1.3ポイント上昇)と、ともに2期連続の上昇となった。直近1年間の推移をみると、首都圏が45前後、近畿圏が42前後で小幅な上下を繰り返している。14エリア中、9エリアで上昇しており、宮城県では51.3、東京都下で50.0となった。 不動産店からは「価格」に関するコメントが広く集まった。「物件不足から値上がりしている」(東京都大田区)、「価格の高止まりで消費者が手を出しにくい」(東京都八王子市)など、価格高騰が購入の妨げになっている様子が読み取れる。また、「円安で外国人が購入した。問い合わせも増えた」(東京都港区)、「相続資産の売却が目立ってきた」(福岡市)などの新しい動きもあるようだ。
 22年10〜12月期の見通しDIは、賃貸仲介が首都圏46.7、近畿圏45.4といずれも上向き予想となった。エリア別では9エリアで7〜9月期から上昇している。特に福岡県は見通しDIが52.0とポジティブな見方が広がっている。売買仲介の見通しDIは、首都圏44.3、近畿圏41.2といずれも7〜9月期よりも低下する見込み。エリア別では、11エリアで低下する見通しとなった。
 分析を担当したアットホームラボ データマーケティング部部長の磐前淳子氏は「売買では郊外移住や既存住宅購入、投資などの需要があり、業況は底堅い。しかし、価格高騰や景気の先行き不安から消費者の買い控えや条件見直しの動きもみられる。賃貸については、物価高などのマイナス要因はあるものの、ウィズコロナが定着し行動制限がなくなったことで全般的に回復傾向を維持できている」などとコメントしている。

よくある質問

  • Q

    不動産買取カウンターを利用するメリットは何ですか?

    A

    不動産会社自らが所有する物件を売る時をお考えください。
    分譲マンションの売却なら一般ユーザー、痛みが激しい場合はリフォームを得意とする買取業者、商業ビルなら地元の賃貸業を行う不動産会社や大家さん、敷地の大きな土地や戸建てなら建売販売業者やデベロッパー、商業向けなら開発業者など、どこに情報提供すればよいかを知っています。不動産買取カウンターのメリットは、そのような知識や経験を売主様が共有していただけることです。

  • Q

    一般的な不動産会社に相談するのと何が違いますか?

    A

    買取業は不動産会社にとって、とても大きな収入源です。
    そのため、大手不動産会社に相談しても実際の多くはその担当者と仲が良い買取業者にしか情報提供されません。(買取業者と仲介会社の関係)したがってより高い買取は難しいでしょう。地域の不動産会社の場合も同じようにそこのブレーン内で完結されますので、高値期待は難しいです。本当は、高く売るすべを営業マンは知っていますが、どうしても利益を追求しなければならないため、高値買取が難しくなっています。その点、不動産買取カウンターなら依頼状況をマイページで確認できますので、忖度なく安心して取引できます。

  • Q

    査定を依頼すると電話やメールはたくさんきますか?

    A

    査定価格をご提示いただく不動産会社様から売主様へ直接ご連絡が入ることはございません。
    連絡窓口は『不動産買取カウンター』を運営する株式会社PINTCULL(ピントクル)のみですので、一度にたくさんの不動産会社とやり取りをする必要がございません。じっくりとご相談ください。

  • Q

    マッチングサイトとは具体的に何ですか?

    A

    PINTCULLが売主様に代わり、最適な不動産買取業者様を発見し、ご提案するサービスです。
    従来の査定サービスと異なり、プロ目線で不動産会社を選別致しますので、最適な買主を発見することができます。

  • Q

    一度に何社まで査定依頼できますか?

    A

    条件に合致する不動産会社すべてに査定依頼を行いますので、エリアと種別により異なります。
    査定をご依頼いただきましたら、何社に依頼したかを確認いただくことができます。

一覧を見る
       

不動産買取のご依頼なら!

不動産買取を依頼する業者をお探しでしたら、不動産買取カウンターをご利用ください。不動産買取カウンターは、売主様と買取業者をつなぐマッチングサービスです。よりよい条件で買取を行う最適な業者をご提案いたします。一括査定前に詳しいご希望や状況についてお伺いいたしますので、「相続した古い一戸建てを売りたい」「急な転勤のため早く家を売りたい」「事故物件でも売却できるの?」など、どのような内容でもお気軽にご相談いただけます。

最適な買取業者を探す不動産買取カウンター

サイト名 不動産買取カウンター
運営会社 株式会社PINTCULL(ピントクル)
設立 2017年6月27日
住所 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目10−6
TEL 050-6865-3388
URL https://kaitori.pintcull.jp
事業内容 インターネットメディアの企画・開発

地域

今すぐ査定
してみる!

査定物件のお客様ログイン
査定物件のお客様ログイン 買取業者様ログイン
CLOSE MENU
家のアイコン