買取マガジン

WEB MAGAZINE

WEB
MAGAZINE
2022年04月01日

大阪市西成区の商業ビル売却・買取

大阪市西成区の商業ビル買取なら
不動産買取カウンターが高く売れます! ピントクル 一郎

大阪市西成区の
商業ビル買取なら
不動産買取カウンターに
おまかせください

大阪市西成区の
商業ビル買取なら
不動産買取カウンターに
おまかせください

大阪市西成区にも商業ビルは多くありますが、商業ビル買取なら、不動産買取カウンターにお任せください。商業ビルというのはオフィスビル、店舗や飲食店が入っているビル、テナントビルなど、事業用物件を指します。どのような1棟ビルでも買取可能です。もちろん、ボロボロになってしまっているビルなども問題ありません。

大阪市西成区で商業ビル買取をお考えの方には、不動産買取カウンターが相談窓口となり、選りすぐった買取業者をご紹介します。

大阪市西成区の商業ビル買取

今すぐ査定してみる!

どんな商業ビルが買取に向いているのか
投資物件としての
商業ビルのメリット
収益性の高さ

商業ビルを持つことは、大きな利益が見込める土地活用です。アパートやマンションと比べると、約1.5〜2倍の賃料を設定できることから、収益性の高さが魅力といえます。土地面積が120坪以上であれば商業施設に適しています。

長期的な安定収入を得られる

事業用定期借地権方式で土地を事業者に貸す場合ですと、契約期間は30年や50年と長期になるのが一般的です。 また、一度契約を交わすと借主が短期間で撤退する可能性は低くなるため土地活用としてはリスクが低く、土地の所有者は長期的に安定収入を得られます。仮にリースバック方式で土地活用をした場合、一般的な契約期間は15年から20年となります。こちらも長めの契約になるため、期間中は安定した収入を見込めます。

どんな商業ビルが買取に向いているのか
投資物件としての
商業ビルの
デメリットは?
コストがかかる

居住用物件とは異なり、建物が大きくなる分、建築コストはかかります。また、設備などのハード面の充実が必要です。オフィスとして貸し出すのであれば、OA機器を数多く導入することになるでしょうから、電気容量が必要です。店舗であれば、厨房であったりお客様が使うトイレなども必要ですし、防犯やセキュリティ対策の導入も考えるべきところです。

景気に左右されやすい

商業ビルの運営は景気の影響を受けやすいです。昨今のコロナ禍によって、テナントの退去が増加したり、スペースの縮小、拠点の整理・統合などによる解約が相次いでいます。また、多くの企業でリモートワークが推進されていることにより、オフィス自体を持たない企業も増えました。働き方の見直しが進行していることで、オフィスの需要は減退しています。

空室によるリスクがかかる

商業ビルは、家賃収入が大きいため、退去や空室のリスクが高い不動産です。仮に1室の家賃が30万円とすると、1年間空室のままですと360万円もの損失になります。商業ビルは1室でも空いてしまうと、オーナー様には痛手となります。それに加え、商業ビルの入居付けは一般的な住宅よりも難しく、空室期間が長引くほど、家賃収入が得られない期間が長期化するリスクがあります。それによって、金融機関から借り入れているローンの返済が難しくなり、経営の継続にも影響を及ぼす可能性があります。

修繕費がかかる

商業ビルは居住用物件に比べると修繕費が高額です。定期的なメンテナンスだけでなく、建て替えやリノベーションなど、対策を講じる必要があります。また、古くなると賃料を下げざるを得ず、空室のリスクも高くなり、収益性を圧迫します。

商業ビルの査定について

商業ビルを売却する場合、収益物件扱いになるため、査定で用いられるのは収益還元法です。

収益還元法

不動産から将来的に生み出される収益を、現在の価値に割り引いて不動産価格を計算する方法のことです。不動産価格を算出する方法は複数あるのですが、その中でも不動産の収益性に着目した方法です。収益還元法は、さらに「直接還元法」と「DCF法」という2つの手法に分かれます。

直接還元法

一定期間の純利益から、年間経費を差し引いた金額を還元利回りで割り、収益還元価格を算出する方法。通常は1年間の純利益で計算します。不動産を長期保有する場合に適した方法で、還元利回りの選択が非常に重要です。

直接還元法

DCF法

DCFとはディスカウントキャッシュフローのことで、商業ビルを保有する間に得られる純利益と予測される売却価格を合計し、現在価値で割り戻して算出する方法。特殊性が高いため内容が複雑な一方、直接還元法よりも予測価格の精度が高くなります。

DCF法

商業ビルの査定額は不動産会社により異なります。優秀な業者に適正価格で査定してもらうことが大切です。ビルの査定として次の項目がチェックされます。

立地

駅に近いか、中心部に近いか、周辺の人通りや環境などが評価の対象になります。他の商業施設や医療施設などが揃っていれば、それも高評価に繋がります。

築年数

ビルは鉄筋や鉄骨造が多いので頑丈ですが、築年数が経過するにつれ、大規模修繕の必要性も高まります。そのような場合は、修繕費を考えて査定額から引くことも大きいです。

公的評価

国土交通省が調査・公表している公示地価や路線価もビル査定では参考にされます。

接道や地形

接道や地形状況も査定項目になります。再建築ができるか、更地にした場合に戸建ての分譲地などとして利用できるか、セットバックが必要かなどが査定に影響します。

商業ビルの売却のポイント
商業ビルの売却の
ポイント
1
相場を調べる

商業ビルの売却は、土地やマンションなど一般的な不動産の売却と比べると事例が少ないですが、まずは、近隣にある同じくらいの規模の商業ビルの価格をチェックしましょう。中古ビルには定価というものがありませんので、相場を調べなければ、妥当な金額の判断がつきません。次のような方法で調べてみましょう。



・ポータルサイトでチェック
ビルの売買データは大々的には公表されませんが、「at home」では売りビルの情報が掲載されており、近隣相場を確認することができます。

・収益物件専門サイトでチェック
楽待」というサイトは、国内最大の不動産投資サイトです。掲載物件数が多く、一棟ビルの売却相場を調べるのに適しています。

・国土交通省「土地総合情報システム」でチェック
こちらは、国土交通省が運営するデータベースで、直近5年間の全国の成約事例を調べることができます。上記2つが売出価格であるのに対して、実際に成約された価格を調べることができます。

2
レントロールと修繕履歴

レントロールとは、賃貸用の不動産の現況資料です。賃料、賃貸面積、賃貸部分、契約時期、契約期間、敷金等を一覧にまとめたものです。 レントロールは管理会社に依頼すれば作成してもらえることが多いです。また、過去に修繕を行った箇所や時期、金額などがわかるものがあれば、安心感に繋がります。

3
金利が低い時に売却をする

商業ビルは金利が低い時に売ると高く売ることができます。収益物件の計算に用いる利回りは、金利と連動しています。つまり、金利が低い時期は利回りも低くなります。利回りが低ければ収益価格は高く計算されます。

4
空室は埋めておく

商業ビルの売却時は、空室は全て埋めておくことが大切です。空室があると、その部分の賃料を深く見積もってしまう可能性があります。空室が埋まらない場合は、フリーレントを使って埋めておくことも一つの方法です。

商業ビルの買取は、不動産取引のなかでもプロフェッショナルな知識とスキームが必要とされますが、不動産買取カウンターでは、そのような取引を専門としている不動産会社を見つけることができます。 ただし、査定額は不動産会社がこれくらいの金額なら売れるだろう、と算出した予想金額です。いろんな不動産会社に査定してもらって高く見積もってくれた業者を選べば良いのですが、高額な不動産取引となりますので、ご自身としての基準をしっかりと持った上で、売却にのぞみましょう。

今すぐ査定してみる!

不動産買取カウンターなら
大阪市西成区の不動産会社と
マッチング!

大阪市西成区の商業ビル買取なら不動産買取カウンターがおすすめです。何故なら、売主様のエージェント(代理人)となり、数多くの買取業者の中から、最も好条件で買取ってくれる業者を探す、マッチングサービスを行うからです。従来のように、同時にたくさんの買取業者から見積もり結果を聞いたり、同じ話を何度もしたり、大切な時間を割いて対応をする必要はありません。

不動産買取カウンターの
特徴

あなたと一緒に最適な買取業者を探すシステム『不動産買取カウンター』。
経験豊富な営業マンと共に『プロ目線の不動産会社選び』をぜひご体験ください。

POINT01

「窓口」がひとつ

不動産会社によってもマンションや戸建て、商業ビル、アパートに一棟収益ビル、
資産運用か転売かなど、得意不得意はさまざま。
一般の方にとって、最適な不動産会社を選ぶことは容易ではありません。
そこで、不動産買取カウンターが相談窓口となり、選りすぐった買取業者をご紹介します。
なぜその不動産会社がおすすめなのか、他とはどう違うのかなどをプロ目線でにご説明致します。

一般的な一括見積りサイトの場合
不動産買取カウンターの場合
POINT02

「最適」を探します

買取業者の得意地域、種別、予算などの情報を含んだ独自のデータベースを作成しています。
それらのデータを有効に活用し、より高値追求したマッチングが可能になりました。

一般的な不動産売却一括査定サイトの場合
不動産買取カウンターならフィルタリングして業者を選別
POINT03

費用は仲介手数料のみ

かかる費用は仲介手数料のみ。諸経費をとことん抑えたシステムです。
残置物の撤去費用や建物の解体費用などはすべて買取業者が負担致します。
各買取業者の得意分野に合わせてマッチングすることができます。

仲介手数料のほか残置物撤去費や解体費がかかる
不動産買取カウンターなら仲介手数料のみ

不動産買取カウンター
ご利用方法

経験豊富な営業マンと共に『プロ目線の不動産会社選び』をぜひご体験ください。

1.フォームより物件情報を入力

売却したい不動産情報を入力します。ご利用はすべて無料です。

2.ヒアリング

不動産買取カウンターがお電話もしくはメールにて、詳しいご希望や状況についてお伺いいたします。

3.買取業者に一括査定

複数の買取会社が入札競争。査定結果を不動産買取カウンターが取りまとめます。

4.一括査定結果を報告・交渉

お客様の情報を元に、条件の合った買取業者を一枚のシートにまとめ、お客様にご提案いたします。査定額、コメントなどから売却交渉を進める買取会社をお選びください。

5.契約前の打合わせ

契約前に細かな条件調整を行います。折り合わない場合には、STEP.03からやり直す事も可能です。

6.売買契約

買取業者との条件交渉がまとまれば売買契約です。

大阪市西成区の商業ビル買取なら、
不動産買取カウンターにお任せください。

あなたと一緒に大阪市西成区の最適な不動産会社を探すシステム『不動産買取カウンター』。
経験豊富な営業マンと共に『プロ目線の不動産屋さん選び』をぜひご体験ください。
不動産買取カウンターなら大阪府大阪市西成区の商業ビルを高く売れます。

よくある質問

  • Q

    不動産買取カウンターを利用するメリットは何ですか?

    A

    不動産会社自らが所有する物件を売る時をお考えください。
    分譲マンションの売却なら一般ユーザー、痛みが激しい場合はリフォームを得意とする買取業者、商業ビルなら地元の賃貸業を行う不動産会社や大家さん、敷地の大きな土地や戸建てなら建売販売業者やデベロッパー、商業向けなら開発業者など、どこに情報提供すればよいかを知っています。不動産買取カウンターのメリットは、そのような知識や経験を売主様が共有していただけることです。

  • Q

    一般的な不動産会社に相談するのと何が違いますか?

    A

    買取業は不動産会社にとって、とても大きな収入源です。
    そのため、大手不動産会社に相談しても実際の多くはその担当者と仲が良い買取業者にしか情報提供されません。(買取業者と仲介会社の関係)したがってより高い買取は難しいでしょう。地域の不動産会社の場合も同じようにそこのブレーン内で完結されますので、高値期待は難しいです。本当は、高く売るすべを営業マンは知っていますが、どうしても利益を追求しなければならないため、高値買取が難しくなっています。その点、不動産買取カウンターなら依頼状況をマイページで確認できますので、忖度なく安心して取引できます。

  • Q

    査定を依頼すると電話やメールはたくさんきますか?

    A

    査定価格をご提示いただく不動産会社様から売主様へ直接ご連絡が入ることはございません。
    連絡窓口は『不動産買取カウンター』を運営する株式会社PINTCULL(ピントクル)のみですので、一度にたくさんの不動産会社とやり取りをする必要がございません。じっくりとご相談ください。

  • Q

    マッチングサイトとは具体的に何ですか?

    A

    PINTCULLが売主様に代わり、最適な不動産買取業者様を発見し、ご提案するサービスです。
    従来の査定サービスと異なり、プロ目線で不動産会社を選別致しますので、最適な買主を発見することができます。

  • Q

    一度に何社まで査定依頼できますか?

    A

    条件に合致する不動産会社すべてに査定依頼を行いますので、エリアと種別により異なります。
    査定をご依頼いただきましたら、何社に依頼したかを確認いただくことができます。

一覧を見る
       

不動産買取のご依頼なら!

不動産買取を依頼する業者をお探しでしたら、不動産買取カウンターをご利用ください。不動産買取カウンターは、売主様と買取業者をつなぐマッチングサービスです。よりよい条件で買取を行う最適な業者をご提案いたします。一括査定前に詳しいご希望や状況についてお伺いいたしますので、「相続した古い一戸建てを売りたい」「急な転勤のため早く家を売りたい」「事故物件でも売却できるの?」など、どのような内容でもお気軽にご相談いただけます。

最適な買取業者を探す不動産買取カウンター

サイト名 不動産買取カウンター
運営会社 株式会社PINTCULL(ピントクル)
設立 2017年6月27日
住所 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目10−6
TEL 050-6865-3388
URL https://kaitori.pintcull.jp
事業内容 インターネットメディアの企画・開発

地域

今すぐ査定
してみる!

査定物件のお客様ログイン
査定物件のお客様ログイン 買取業者様ログイン
CLOSE MENU
家のアイコン